ちこういん

プレゼントの気持ち

クリスマスですね~。

日本のクリスマスは雰囲気でしょうね。
キャンドル、ロウソクの灯りはロマンチックにさせてくれるのかな?
私は毎日、ロウソクとお線香です。ロマンチックなし!
 
歌がこれでもかと流れ、電飾の街並みもキレイ、いよいよ佳境に入ってきました。
ただ、スーパーのレジのおばさま方には、サンタや帽子など着せないでほしいと、個人的に思っている私です。
 
そういう私は、イブもクリスマスも新宿でお通夜とお葬儀です。
勿論、浮ついた気持ちはありません。ネオンに心は一切動かされませんのでご安心を。
 
車で移動中の時、FMラジオからクリスマスプレゼントに、
アマ○ンギフト券一万円が当たりますと。
 
そこまではいいです。
 
パーソナリティーは、そこからクリスマスプレゼントを買うのに使ってください!

と言っている。えっ?
 
プレゼントを買うのに、プレゼントされたもので。
 
まあまあ、確かにありますよ。
いただきものですが、というおすそ分け。私もします。
 
でも、この境目は大事ですよね。
プレゼントって心、誠意、真心ですから。
 
もらう人が喜ぶことは何だろう?と考えて、準備しますものね。
まあ、欲しいものを事前に聞くというのも、よくあると思いますが。
 
仏の教えを考えますと有名な話があります。

【貧女の一灯】 (ひんにょの いっとう)
貧しい者が苦しい生活から出費して神仏に供える、真心のこもった一つの灯明。たとえわずかでも、心のこもった行為こそ尊いということのたとえです。
 
昔々インドのある町へ、お釈迦さまがお説法に来られることになりました。そこで町の人々は、お釈迦さまの徳を讃(たた)えるために、我も我もと油を買い求め、大王も万灯を供養し、皆が競って大きな火を灯(とも)しました。

ところが、町で一番貧しい一人の老婆だけは、油を買うお金も無く途方に暮れていました。そこで、自分の髪をバッサリと切り落として油屋に持っていったのです。

ほんの少しで結構です。どうかこの髪の毛で油を分けて下さい


そんな白髪混じりの髪の毛じゃ、一滴分の価値も無いよ 


そこを何とかお願いします。たとえ何万回生まれ変わろうとも、ブッダ(悟りを開いた聖者)にはめったに出会うことができないと伝え聞きます。私も、お釈迦さまのために灯火(ともしび)を供養させていただきたいのです


そうか。お釈迦さまへの供養なら、今日だけ特別に油を分けてやろう


老婆は大喜びして何度もお礼を言うと、手に入れたわずかな油を小さな皿に移し、あまり目立たない道の隅っこに置いて火を灯しました。しかし、あたりは夜になったというのに、たくさんの大きな火で昼間のように明るく、老婆の灯した小さな火など、かすんで見えないほどでした。
やがて、お釈迦さまとお弟子たちが、町に近づいてこられたその時です。突然に台風のような風が吹き荒れたかと思うと、無数にあった灯火は一斉に消し飛び、町は暗闇に包まれてしまったのです。
そして、人々があわてふためいている中、お釈迦さまとお弟子たちは、静かに町へとたどり着かれました。暗闇にたった一つだけ光り続ける、老婆のほのかな灯火を目印に……。

お弟子の一人が、お釈迦さまに尋ねました。

世尊(せそん)よ。あれほどの激しい風が吹き、町中の大きな灯火が一斉に消えてしまったにもかかわらず、なぜこの小さな火だけは消えなかったのでしょうか?

するとお釈迦さまは、こうお答えになったのです。

見栄(みえ)や執着は、自身をまぶしく照らし出すこともあるが、一瞬でくじかれ消えてしまう弱さと共にある。一方、会い難き仏と法の価値を知り、その恩に素直に報(むく)いようとする者には、永遠に消えることのない生命の明かりが宿り、正しき道を照らすものなのだ

「長者の万灯より貧者の一灯」
有り余るほどの財産をもつ長者が納めた万の数の灯が強風によって吹き消された後も、貧しい者が苦しい生活の中からやっと納めた一本の灯明だけが消えずに残ったといった話。
 
行いの尊さ
物の価値や、額、量、などで計られるものではなく、どれだけ真心を込めたかによって計られると教えられたたとえ話です。
たとえ話のこの話を理屈抜きに、素直に意味を理解して、行動にあらわせたらと思います。
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 2

There are no comments yet.

aro@na  

No title

はじめまして お邪魔します・・・
勝手にお気に入りにさせて頂き 訪問させて頂いていました。
いつも心に響くお話 身につまされる思いで読ませて頂いています。
子供への説教や 上辺だけの人間関係の中で 見栄や執着 価値などにとらわれている自分が見えます。
子供の前では 偉そうな事を言ってる自分が恥ずかしく思います。
今一度立ち止まり 真心とはなんぞや・・・っと言う事を考えたいと思います。
ありがとうございました。

2015/12/26 (Sat) 10:34

智弘院  

No title

> aro@naさん
有難うございます。コメントうれしいです。

自分に言って聞かせるのも自分、教えるのも自分、救うのも自分です。自分の心を作ろうという思いが大切ですね。

自分と向き合いながら、明るくいきましょう。

2015/12/26 (Sat) 22:39

Leave a reply