ちこういん

放生祭

IMG_20180915_112425.jpg
IMG_20180915_112351 2

令和3年9月19日午前11時。
食材感謝、皮革製品の供養「放生祭」が智弘院にて行われます。

放生会というのは、捕獲した魚や鳥獣を野に放し、殺生を戒める儀式で、日本では仏教伝来とともに西暦600年代には行われるようになり、現在でも全国の神社仏閣で行われている行事です。

日々食べなければ生きられない私たちの生命は、他の生命の犠牲の上に成り立っており、これら物言わぬ生命のおかげで、私達は生かされています。

食材だけでなく、私たち人類は太古の昔から動物の皮に着目し、生活や仕事は今なお皮革製品に支えられています。

ネズミ、牛、豚 、馬 、羊 、シープスキン 、ムートン、山羊、カンガルー、ゾウ、ウサギ、シカ、クマ、水牛など。

一般に衣料品や装身具、鞄、ベルト、靴、椅子の表張りなどにも利用され、馬具や球技用の球、野球のグローブ、自転車のサドルなどスポーツ用品にもなり、自動車の高級品には総革シートが使われています。

かつては鎧や兜、楯など防具にも多く使用され、戦争での軍需品にも多く使われました。

太鼓や三味線などの楽器にも利用され、ネコの腹側は三味線に用いられているのは有名です。

イヌの毛皮は、毛皮の中で最も保温性が高いと言われ、他にもトラ、オオカミ、ヒョウ、タヌキ、キツネ、イタチ、ミンク、テン、ビーバーなどが毛皮になり、オットセイ、アザラシ、 ワニ、クロコダイル、アリゲーター、オーストリッチ、ヘビ、トカゲ、ダチョウ、エミュー、サメ、シャークスキンなど、財布、鞄、コート、装飾品、靴など、ありとあらゆるものが動物のモノになります。

あらゆる生き物の霊を慰め、感謝の気持ちを捧げるとともに、私たちの日々の生活、家内安全・身体健全・病気平癒を祈り、お仕事、お店の方々には更なる商売繁盛を祈ります。

飲食店や生き物に携わるお仕事の方にも、ぜひお参りいただきたい行事です。

智弘院放生祭ページ

#食材
#飲食店
#皮革製品
#財布
#カバン
#革靴
#コート
#毛皮
#亀や鳩を放つ
#生き物を逃がす行事
#命に感謝
#放生会
#天台大師
#仏教
#殺生戒
#智弘院
#感謝祭
#商売繁盛
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply