ちこういん

チョコレート

チョコの裏側の話 
資本主義の暗黒面

 
チョコレートの原料カカオは、赤道近くの高温多湿な地域で栽培されます。
そのカカオ生産地では、農薬の使用や森の伐採などにより生態系や環境が破壊されたり、地域の子どもたちが学校に行けずに危険な労働を行っていたり、さまざまな問題がおきています。
ガーナを含む西アフリカ4カ国で、カカオ農園で数十万人の子どもが働き、そのうちの64%が14歳以下であることが分かりました(国際熱帯農業研究所、2002年)。
 
全世界のカカオ豆の7割は西アフリカで、特に4割はコートジボワールで作られています。


チョコレート製造には、カカオ豆の粉砕が必要で、それには巨額の設備投資が必要となってきますが、途上国ではそれが困難となり、外国資本が工場を建て、安く調達したカカオ豆から生産したチョコレートを販売することで莫大な収益をあげます。

 


カカオ豆は途上国にとって、重要な外貨獲得源ですが、大変厳しい競争にさらされていて価格は下がる一方です。
カカオ生産農民は生きる為にだけ重労働で低賃金のカカオ生産に携わって、多くはカカオ豆が何に使われるかすら知らず、チョコレートを見た事も無い農民達も多いといいます。

 
 

市場価格の安さと、利益を上げるために安い労働力を得ようとして、児童労働、子どもの人身売買につながっていきます。



カカオ豆の生産のため、2~30万人を越える西アフリカの子どもたちが働いていると言われています。

 
コートジボワールに人身売買されカカオ豆農場で働く子どもたちが殴打されながら、賃金なしでわずかな食料と睡眠で1日12時間から14時間働くことを強要されているとの報告もあります。


スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply