ちこういん

厄除開運講座

12月22日は冬至。

冬至である一陽来復の縁起の良い日にお寺で開運招福の講座
一年で一番昼間の時間が短い"冬至の日"を境に、日が一日一日と長くなっていくことを、「一陽来復(いちようらいふく)」と言います。

一陽来復は、
 「陰極まって一陽を生ずる」
  「よくない事の続いた後に、
良い事がめぐって来る」
と言う意味の言葉です。
                                 

新たな始まり、開運の日に厄災を祓い、福を招くお正月のお飾りを手作りして新しい年を迎える準備をしました。



















参加の皆さん、それぞれ手作りのしめ縄、匂い袋にご満足な様子でした。

スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply