ちこういん

人間関係のお悩み

お寺ではお悩み相談をしております。
 
 
大体、人間関係、金銭、健康に集約されますが、
金銭、仕事にしても、家族、結婚も人間関係が絡んでおり、
人生とは人間関係につきます。
 
 
ですから、人間関係をよくすることができれば、
幸せを感じる人生となっていくでしょう。
 
 
人間関係をよくするには、仏教から説明しますと、
適度な距離感と、相性、バランス感覚の3つです。
 
 
 
適度な距離感(人間関係にはまりすぎない)
 
 
 
依存し過ぎたり、ハマり込むとトラブルが生じ、
悩みの種となっていくことが多いものです。
ベッタリな関係ではなく、ほどほどの間柄のほうが良いですね。
 
 
「ほどほどの間柄」といっても、それは時間ではありません。
「心の距離」です。
心の距離を適切にするとは、常に相手を敬うことです。
品もよくなり、自然と礼儀作法によって距離感が保たれます。
 
 
しかし、こういう適度な心の距離感を、
「親しみが感じられない」「他人行儀」
と勘違いされることも少なくないですが、
 
 
仏教では、八正道にある「正語」「正業」が基本。
つまり「言葉」と「行為」に注意をすることが大切で、
丁寧な言葉、態度が基本になります。
 
 
人は異なる個性と価値観、人生観も持っています。
生まれも育ちも違います。
一方的な親近感など、急に親しくなったりする「熱しやすく冷めやすい」関係は何かとトラブルを引き起こします。
 
 
 
相性を考慮する(相性の悪い方とは深入りしない)
 
 
 
人にはそれぞれ、育ち、性格、価値観に違いがあります。
そこから相性の合う、合わないが出てきます。
相性を無視すると、現実的にトラブルを引き起こします。
 
 
ここでいう「相性の悪さ」とは、
お互いが成長しあえない関係や、
生理的に嫌悪感や違和感を覚える関係です。
 
 
逆に「あの人と相性が良さそうだ」と思っても、
実は相手への尊敬は無く、
ただ単に「物を言いやすい相手」「扱いやすい相手」
という場合が意外と多いもの。注意したいですね。
 
 
 
バランス感覚
 
 
 
「バランス感覚」があると、
人間関係でつまづくことが少なくなって、
相性が良いのか悪いのかも、なんとなく分かるようになってきます。
このバランス感覚は人間関係だけでなく、
その他のことに関しても適切になってきます。
 
 

仏教では、バランス感覚のことを「中庸(ちゅうよう)」といいます。
中庸とは仏さまが教える大切な姿勢です。

 
 
経典では、熱心に修行し過ぎる弟子に対して、
「琴の弦の張り」に喩えてアドバイスしています。
琴の弦も張りすぎると切れやすくなり、
ゆるすぎると良い音を奏でられないとして、
中庸のある張りが良いことをお釈迦さまは教えます。
 
 
中庸は仏教の柱であり、
修行の仕方、心の使い方、心のあり方、
全てにおいて重んじられ、
「心の清らかさ」と深く関係しています。
 
 
「バランス感覚」を養うことで、
日々の生活も穏やかになっていき、
人間関係も円滑にゆくようになると思います。
 
 
しかし、中には理不尽としか思えない事柄もあります。
前世の業であれば、懺悔滅罪、罪障消滅の為の行いが大切です。
 
 
さて、人生や人間関係で上手くいかないのは、
執着心に原因があるということなのですが、
わかってはいても、手放せないものです。
 
 
その為に仏道修行もあるのですが、ともかく、
この3つの行いを実践してみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply