ちこういん

法楽

一滴の水
 
 お釈迦さまは
「どうすれば一滴の水が、乾かなくすることができるか?」
とお弟子に聞きました。
 
  しかし、誰もその問題に答えられませんでした。
 
 すると、お釈迦さまは
「川や湖、海に入れておけばいいのです」

と言いました。

 
このお話、皆さんはどのように受け止められますか?
それぞれのお立場で、気づくこともあるのではないでしょうか。
 
さて、
 修行もその通りなんです。
一人で深山に入り修行すれば、ある境地に到達しても自分だけ。
みんなのためではなく、自分の為に修行するのは意味がないことです。
 
やはり、修行する人は、出世(世に生まれる)の心構えで社会のために力を尽くすべきです。
 
日々の生活の中で、自身の向上に努め、縁ある方に利益をもたらすことを通して、仏さまの悟りに近づいていくことこそ、かけがえのない喜び、楽しみという法楽(ほうらく)を得られるのです。
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply