ちこういん

他生の縁

お釈迦さまと老人。
 
お釈迦さまが僧団の比丘たちを伴って、ある都へ入られたとき、一人の年老いたバラモンが、都の外に出ようとしていて内門のところでお釈迦さまと出会いました。



 

バラモンは足下に跪いてお釈迦さまの足首をしっかりとつかみ、

「これ息子よ、子というものは両親が年老いたら面倒をみて養うものではないのか!どうしてこんなに長い間、私たちのところへ来なかったんだ?

今日はやっとのことでお前をみつけることができた。家に来てお母さんにも会ってやっておくれ」

と言って、お釈迦さまを案内して家に連れて帰りました。
 

お釈迦さまは家に着いて、比丘たちとともに用意された席に坐られると、バラモンの妻もやってきて、お釈迦さまの足下に跪き、

「こんなに長いあいだ、あなたはどこに行っていたのですか?

両親が年老いたら息子は世話をするものですよ」

と、むせび泣きました。
 

また息子や娘たちを呼んで、

「さあ、ここに来てお兄さんに挨拶しなさい」

と言って、お釈迦さまに対して挨拶をさせました。
バラモンの老夫婦は大変満足して多くの布施を喜捨しました。
 
お釈迦様は食事を終えられると二人のために教えを説かれ、説法が終わったときには二人とも高い悟りを得ました。
 
お釈迦さまは席から立たれると、そのままお帰りになりました。

比丘達は講堂に集まると、

「友よ、あのバラモンは、お釈迦さまの父君はスッドーダナ王、母君はマハーマーヤー妃であると知っていながら、妻とともに、お釈迦さまを『私達の息子』と呼び、お釈迦さまもそれに同意なさっていた。いったい、これはどういうわけなのだろう……」

と話を始めました。

彼らの会話を聞かれたお釈迦さまは、

「比丘達よ、彼らはふたりとも、まさしく自分の息子に対して『息子よ』と呼びかけたのである」

と言って、過去のことを話されました。


「比丘達よ、かのバラモンは昔五百回の生涯のあいだ引き続いて私の父親であり、また五百回の生涯のあいだは叔父であり、また五百回の生涯のあいだは祖父であった。またバラモンの妻も昔五百回の生涯のあいだ引き続いて私の母親であり、また五百回の生涯のあいだは叔母であり、また五百回の生涯のあいだは祖母であった。
 かくして私は千五百回の生涯にわたって、かのバラモンの手によって育てられ、千五百回の生涯にわたってバラモンの妻の手によって育てられたのだ」

と、三千回の生涯のことを語られ、次のような詩句を唱えられました。
 

その人に会えば気持ちが落ち着き
また心がなごむならば
以前に会ったことがなくても親近感を感じる
そのような人には、人は進んで親しむだろう

 
このように、お釈迦さまはこの説法を取り上げ、過去の生涯と現在を結びつけられました。

「そのときのバラモンとバラモンの妻は、やはり現在のあのバラモンの老夫婦であり、息子はじつに私であった」と。

 
このお話で、どんなことを感じられますか?
 
お釈迦さまが、突然、息子扱いされ叱りつけられた時、会ったこともないと反論することもなく、素直に話を聞いて、そのバラモン夫婦に短い時間でも親孝行してあげました。
 
お釈迦さまは素直に、一切の自分の立場についての枠に縛られることもなく、仲良く接したのです。
 
私たちにも似たようなことがあります。
まったく初対面の人であるのに、幼なじみのように、仲良くなってしまう。
考え方も、好みも驚くほど似ていて、初対面なのにいろいろと行動を共にしたりします。
 
仏教の考え方によると、「過去からの因縁」と言いますが、「相性が合う」仲間と出会えたら、楽しく、心が安らぎに満たされます。
 
私たちも、時に枠にとらわれず、自己主張ばかりせず、受け入れる心で人と素直に付き合うことができれば、幸せではないでしょうか。
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply