ちこういん

結婚式の前、娘へ




家訓を守る長者のお話

昔々インドのある国に長者がいました。
可愛い娘が嫁ぐ日、何度も何度もこの家訓を伝え、

幸せになることを祈りました。


一、内の火を外に持ち出すな。
二、外の火を打ちに持ち込むな。
三、与える者に与えよ。
四、与えない者には与えるな。
五、与えない者でも与えるべき時がある。
六、幸せに座りなさい。
七、幸せに食べなさい。
八、幸せに眠りなさい。
九、火に奉仕しなさい。
十、家の中の神仏への感謝を欠かさない。

長者がこの家訓を娘に伝えている時、

娘の舅になる長者が側でこの話を聞いていましたが、
意味が理解できません。

そこで娘が嫁いで来てから家訓の意味を尋ねます。


嫁は

「内の火を外に持ち出すな」
とは舅や姑、夫の不徳を決して外の者に話してはならないと云うこと。

「外の火を家に持ち込むな」
とは世間で家族の悪口を聞いても家に持ち帰って告げ口してはいけない。

「与える者に与えよ」
とはお返しする者には物を贈れ。

「与えない者には与える。」
とはお返しをしない者には贈り物をするな。

「与えない者でも与える時がある」
とはお返しがしたくても出来ない者には施しを与えよ。

「幸せに座りなさい」
とは年長者や来客が立っているのに一人座ってはならない。

「幸せに食べなさい」
とは家族と仲良く食事の準備をし、片付けをし、互いに譲り合って楽しい食事をしなさい。

「幸せに眠りなさい」
とは部屋を整理整頓し、明日の準備をして眠りなさい。

「火に奉仕しなさい」
とは火を扱うように舅や姑には常に謙虚で細心の配慮を持って接しなさい。

「家の中の神仏への感謝を欠かさない」
とは常に神仏の加護を感謝し、家族も神仏のように想って、感謝の心で接しなさい。

ということです。と説明しました。

舅はこの話を聞くと、良い嫁をもらったと喜び自分たちもこの家訓を守ろうと誓い合いました。

と言うお話。


男女共同参画社会です。
皆さんはどう思われますか?

スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 2

There are no comments yet.

教えてください!!  

No title

ブログを拝見しまして、幸せという言葉を見て、気付いたんです。
最近、過去の楽しかった事を思い出すと、切なくなるんです。寂しくなるんです。楽しくて幸せな思い出なのに。
なぜ、切なく寂しくなるんでしょうか?

2018/04/13 (Fri) 22:11

智弘院  

No title

> 教えてください!!さん
感情は今です。

今、幸せを感じあることで、過去も楽しい思い出になります。

今、心の中にある不満や不安などを見つめてみては?

気づけば、そこから解決の方法を探していけばよいと思います。

2018/04/13 (Fri) 23:04

Leave a reply