ちこういん

お中日でした。

今日は、お彼岸の中日でした。
 
1948年制定の〈国民の祝日に関する法律〉では,春分の日は〈自然をたたえ,生物をいつくしむ日〉,秋分の日は〈祖先をうやまい,亡くなった人々を偲ぶ日〉と定められています。
 
行事としては日本独特のもので、四季のある日本で、種まきの春、収穫の秋にも関連し、神道とも結びつき、四季の花になぞらえて春の彼岸には牡丹餅を、秋の彼岸にはお萩を仏前にお供えする風習になりました。
 

ご先祖さまに感謝して、お彼岸の入り、遅くてもお中日までにはお墓参りして、お花やお線香を供えますが、今日は雨、寒かったですね。出足も鈍ったことでしょう。

 
お盆は、ご先祖の霊をこの世にお迎えして供養する行事です。
お釈迦さまのお弟子が、亡くなった母の供養を715日にしたという故事に由来しています。

迎え火や送り火、精霊棚と呼ばれる祭壇や、茄子や胡瓜で作った牛や馬を、盆提灯を飾ったり、お盆の期間はご先祖さまが家にいらっしゃるという気持ちで接待して大切に過ごします。

 
お彼岸はというと、本来は「自身の心の修養」をする期間です。
 

「春分の日」と「秋分の日」をそれぞれ中日とし、前後3日間、計7日間を指しています。
お中日を境に、此岸(迷い)から彼岸(彼の世・浄土)に渡るために、六つの修行[心がけ]を教えています。

 
布施(ふせ):見返りを求めず人に施すこと
持戒(じかい):戒を守り善行をすること
忍辱(にんにく):恥辱に耐え我慢すること
精進(しょうじん):努力すること
禅定(ぜんじょう):精神を統一して真理を考えること
知恵(ちえ):物事を正しく見ること


お彼岸の時期に、今日の自分があることを感謝し、六つの行を修め、日々の生活を見つめ直すことが大切なのです。

スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply