ちこういん

ひな祭り

今日は33日「ひな祭り」。
「桃の節句」「上巳の節句」とも呼ばれ、ひな人形を飾り、女の子の健やかな成長を願う行事です。
 
お寺に飾ってある雛人形。



 

桃の節句の由来は、古代中国の「上巳節」にさかのぼります。
「上巳(じょうし/じょうみ)」とは3月上旬の巳の日という意味で、季節の変わり目に災いをもたらす邪気、穢れを祓う習慣がありました。

のちに日本に伝えられ、禊(みそぎ)の神事と結びつき、天子のためのお祓いから宮中行事として取り入れられ、「上巳の祓い」として「曲水の宴」を催したり、人形(ひとがた)で自分の体をなでて穢れを移し、川や海へ流す「流し雛」ようになりました。

やがて武家社会に広がり、江戸幕府によって「上巳の節句」「端午の節句」と定着していきました。





「桃の節句」という別名は、桃の開花期に重なり、桃の木が邪気を祓う神聖な木と考えられていたからです。

また、人形作りの技術が発展し、流すものから飾るものへと変化し、内裏雛を雛壇に飾る「ひな人形」が流行して、女の子の幸せを願ってひな人形を飾るようになり、「ひな祭り」として皆でお祝いをするようになったのです。

菱餅
ルーツは、古代中国の上巳節で食べていた母子草のお餅で、母と子が健やかであるようにという願いが込められています。

 
3色それぞれに、桃色(赤)は、魔よけの色。白は、子孫繁栄、長寿、純潔を願い、緑は、健やかな成長をとの願いが込められています。


また、3色を重ねる順番で春の情景を表現しています。

下から緑・白・桃色の順番で、“雪の下には新芽が芽吹き、桃の花が咲いている”
下から白・緑・桃色の順番で、“雪の中から新芽が芽吹き、桃の花が咲いている”
 
 

ひなあられ
その昔、ひな人形を持って野山や海辺へ出かけ、おひなさまに春の景色を見せてあげる「ひなの国見せ」という風習があり、春のごちそうと一緒にひなあられを持って行ったのが始まりだそうです。

桃花酒(白酒、甘酒)
もともと、桃が百歳を表す「百歳(ももとせ)」に通じることから、桃の花を酒にひたした 「桃花酒(とうかしゅ)」を飲む風習がありました。

はまぐり

二枚貝は、対の貝殻しか絶対に合わないことから貞操を象徴し、何事にも相性の良い結婚相手と結ばれて、仲睦まじく過ごせることを願っています。盛りつけるときに、開いた貝の両側にそれぞれ身をのせ(1つの貝に2つ分の身がのる)、将来の幸せを祈っていただきます。

ちらし寿司
海の幸を多用しており、えび(長生き)、れんこん(見通しがきく)、豆(健康でまめに働ける)など縁起のいい具も祝いの席にふさわしく、みつば、玉子、にんじんなどの華やかな彩りが食卓に春を呼んでくれるため、ひな祭りの定番メニューとなりました。



智弘院の梅も見頃です。
ひな祭りのお参りの方もお花見です。


スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply