ちこういん

誉めましょう

わざわいは、口より出でて、身を破る
 
人を悪く言う人がます。

人が何人か集まると、いい人の話しより、悪口の方が多くなってしまうようです。

集まって一杯やりながら人の悪口を言っているのも楽しいものでしょうが、その反面で自らの心を汚していることに気付かなければなりません。

また、人を悪く言うことは、自分の立派さを認めさせたいという、自信のない気持ちの裏返しですから、自分を誉めることと同じことです。

また、自慢話も聞きよいものではありません。
「私はこんなに立派な事をしています」ということも、言いたい誘惑にかられますが、認められたい、誉められたいという我欲が出てしまっています。

 
自慢は慢心を育て、悪口も人の気分を悪くする。
どちらも、自分と他人も害することになりますね。
 
人を誉める。
これができる人は、自分はまだまだ駄目だと思って努力できる人、どんどん大きく成長します。
 
謙虚さと率直さをもって
自らの心を清らかに大きく育てることが大切なのです。
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply