ちこういん

親の恩

仏さまが教える親の恩
 
仏教では、恩を知り、恩を感じ、恩に報いようとする心が強いほど、素晴らしい人だといわれます。
お釈迦さまは、「父母の恩重きこと天の極まり無きが如し」と教えられています。


私たちが両親からどんなご恩を受けているのか、お経にたずねます。

『仏説父母恩重経』

懐胎守護(かいたいしゅご)の恩
臨生受苦(りんしょうじゅく)の恩
生子忘憂(しょうしぼうゆう)の恩
乳哺養育(にゅうほよういく)の恩
廻乾就湿(かいかんしゅうしつ)の恩
洗潅不浄(せんかんふじょう)の恩
嚥苦吐甘(えんくとかん)の恩
為造悪業(いぞうあくごう)の恩
遠行憶念(おんぎょうおくねん)の恩
究竟憐愍(くきょうれんみん)の恩

 
親の大恩を十種に分けて教えられています。


懐胎守護(かいたいしゅご)の恩
妊娠すると母親は重病のようになる

母親は胎内に子供を宿ってから十ヶ月、いろいろな苦悩を受けます。
その苦しみが激しく、休むときがないため、好物や好みの服を入手しても食べたいと思わなければ、身を飾りたいとも思わない。ただ、日々念ずることは、丈夫な子供を生みたいということばかりである。

血も肉も子供の体のすべては、母親から分け与えられるといわれています。つわりが始まれば、みるみるやせていく人もある。酸っぱい物を欲するのは、体が酢酸を要求するからといわれます。酸は、母親の骨を溶かし、溶かされたカルシウムは、胎児の体に運ばれるのです。重病のようになるのも無理はありません。それでも母親は、心を静め行いを慎み、胎教に努め、子供の成長を願うのです。
 

臨生受苦(りんしょうじゅく)の恩
戦場に臨む、決死の覚悟がいるから陣痛という

いよいよ月満ちて陣痛が起こり、子供を生むときの苦しみは、青竹を握らせると、
二つに押し割るほど激しいといわれます。
額にはあぶら汗が流れ、全身がバラバラになるような痛みに耐えながら、母は子を生むのです。大変な苦しみに耐え、命を与えてくれる恩です。

生子忘憂(しょうしぼうゆう)の恩
元気な子供の顔を見れば、苦労は吹き飛ぶ

出産では、元気で生まれてきてほしいと念じ、元気な子供の顔を見れば、それまでの一切の苦しみを忘れて、母はもとより一家あげて、「よかった、よかった」と歓声をあげる。この思いに対する恩も深いものです。


乳哺養育(にゅうほよういく)の恩
成長に合わせて、次第に濃くなっていく母乳

乳を飲ませ、子どもを育てることは、並大抵のことではありません。特に母乳が足りないときは大変です。牛乳では、生まれたばかりの子には強すぎる。粉ミルクも、成長するにつれて濃さを調節するのは難しい。
ところが母乳は、最初は薄く、子供の成長に適合して、次第に濃くなっていくといわれます。自然の法則の妙といえましょう。

授乳などのスキンシップは、母と子のきずなを強め、愛情を深めるうえでとても大切だといわれています。温かい母の胸で、命の糧を頂いたご恩は終生、忘れてはならないはずです。

廻乾就湿(かいかんしゅうしつ)の恩
水の如き霜の夜にも、氷の如き雪の暁にも

自分の子供は文句なしにかわいい。子供が夜中におねしょをして布団をぬらすと、母はその冷たくなった所に自分が休み(就湿)、今まで自分が寝ていた温かい所へ子どもを寝かせます(廻乾)。母はわが身の冷えることなど問題にしていません。

洗潅不浄(せんかんふじょう)の恩
子の臭穢(しゅうえ)を厭うこと無し
子供の小便、大便のついた汚い物を、労苦をいとわず洗濯して、常に清潔な物を着せてくれる恩です。今は、紙おむつや洗濯機が使われていますが、子の不浄をいとわず世話をする親の心情は変わりません。子供が成長し、自らトイレに行って、大小便を済ませるようになるまで、洗潅不浄の恩は絶えないのです。

 
嚥苦吐甘(えんくとかん)の恩

自らは食べずとも、子を飢えさせる親はいない
おいしい物は子供に与え、自分はまずい物、残り物で我慢する。子供の成長を願い、魚の身ばかりほぐし、子供に与え、自分は骨をしゃぶって食事をするのです。「お母さんはお魚の骨が好きなの?」と不思議がる子供に、「お母さんは、おなかがいっぱいだから、おまえが食べなさい」と答える。

子供の口から吐き出された物さえ、平気で自分の口に入れるのが母です。衣類などでも同じです。自らは、古い着物で我慢し、子供には新しいきれいな物を与える。子供が喜ぶ姿を見て満足するのが親なのです。

為造悪業(いぞうあくごう)の恩
子供を守るために刑務所に入ることもある

親はわが身を犠牲にしても、いかなる強きものにも対抗して、子供を守ろうとするのです。もし子供が餓死せんとする時には、前後を忘れて盗みを働き、刑務所に入れられることもあるでしょう。
『レ・ミゼラベル』は有名です。子供のために一片のパンを盗み、その罪で刑務所に十九年間も入ることになるのです。子を思う親心でしょう。


遠行憶念(おんぎょうおくねん)の恩
遠くへ行くほど、親の心配はつのる

子供が遠くへ行けば行くほど、親の心配はつのります。病気をしなければいいけど、怪我をしないようにと心配し、その安全を念じ続けるのです。衣・食・住のことから、友達の心配、学業のこと、仕事のこと、そして経済状態、身の回りのすべてが気になるのです。


究竟憐愍(くきょうれんみん)の恩
影の形に添うがごとく、親の心は子供から離れない

親は、自分が七十、八十と歳を重ねても、子供を哀れみ、慈しむ。影の形に添うがごとく、親の心は終生、子供から離れることはないのです。
 
これらの恩をまとめて「親の大恩十種」といいます。
 
親という存在。
皆さまは、どう感じましたか。
 
両親の恩に、どう報いればよいのか。
考え、気づくことも大切でしょう。
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 1

There are no comments yet.

智弘院  

No title

親に感謝出来ることが幸せです。

2018/01/22 (Mon) 07:44

Leave a reply