ちこういん

自業自得

仏さまの言葉

おのれ 悪しきを作さば 「おのれ」穢る
おのれ 悪しきを作さざれば 「おのれ」清し

穢れと清浄とは すなわち「おのれ」にあり
いかなる人も 他人をば清むる能(あた)わず

 
 
何かしら思うようにいかない不満を
いつも持っている私たち
 
その不満を
「自分は悪くない」「他の人のせいだ」
と考え、誰かを非難する
家庭でも、学校でも、会社でも、社会でも
 
皆がお互いを非難し
争い、傷つき、傷つけています
 
そんな世界を修羅の世界と言います
そこには苦痛と苦悩しかなく

解決の道はありません


お釈迦さまは

解決の道は自分自身にあると示されています
 
他人を責めるのでなく
自身の中に原因を探して
改めていくことが
唯一の解決の道だと示されています


「自業自得」と言うと

自分がした悪い行ないが自分に返ってくる
と思われていますが
悪いことだけでなく
良い行ないの結果が返ってくることも

「自業自得」なのです

私たちは、良いことは自分の手柄と考え
悪いことは人のせいだと考えがちです
 
しかしそうではなく
良いことも悪いことも全てが
自分の行ないの結果だと気付けば

他人を責めなくて済みます

 
今の苦しい状態が
自分の行ないの結果だと
認めることはいやなことです
 
でも、それを他人のせいにしていても
苦しみは無くなりません
 
むしろ
他人を責めるという新しい苦しみが増えるだけです
 
身体の痛みは癒す方法がありますが
心の痛みは癒す方法がありません
 
「いかなる人も他人をば清むる能わず」
と言われたように自分で癒すしかないのです
 
誰かが自分を癒してくれるのを待つのではなく
自分が誰かの癒しになることです
それが、自分を癒すことにつながります
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply