ちこういん

成道の日

12月8日は成道会」(じょうどうえ)



 
人間として生まれ、人間の幸福について悩み続けられたお釈迦さまが、菩提樹の下でついに「お悟り」を開かれ特別の日。
 
出発点は苦しみです。
人生は四苦八苦、思い通りにならないことばかり。
なぜ苦しみが生まれるのか。
この原因究明と真理を体得することが仏教であるといえます
 
一切皆苦・・・人生は思い通りにならない
お釈迦さまは、私たちの世界は自分の思い通りにならないことばかりである、と説いています。仏教の「苦」とは、単に苦しいということではなく、「思い通りにならない」という意味です。
 
諸行無常・・・すべてはうつり変わるもの
世の中の物事は常に変化を繰り返し、同じ状態のものは何一つありません。
それにも関らず、私たちはお金や物、地位や名誉、人間関係や自分の肉体に至るまで、様々なことを「変わらない」と思い込み、このままであってほしいと願ったりもし、それが「執着」へとつながるのです。
 
諸法無我・・・すべては繋がりの中で変化している
全てのものごとは影響を及ぼし合う因果関係によって成り立っていて、他と関係なしに独立して存在するものなどないというものです。
自分のいのちも、自分の財産も、全て自分のもののように思いますが、実はそうではありません。
世の中のあらゆるものは、全てがお互いに影響を与え合って存在しています。
自然環境と同じように、絶妙なバランスのうえに成り立っているのです。
 
涅槃寂静・・・仏になるために仏教が目指す「さとり」
これは、仏教の目指す苦のない「さとり」の境地を示しています。
世の中は自分の思い通りにならないことばかり。そんなとき、人は自分以外のものに原因を求め、不満になり、怒りを抱くものです。
仏教では、こうした怒りは全て、自分の心が生み出していると考えます。
その原因となっているのが、疑い、誤ったものの見方、プライドや誇り、欲望などの「煩悩」。
こうした煩悩を消し去り、安らかな心をもって生きることこそ「涅槃寂静」、つまり「さとり」の境地なのです。
 
お釈迦さまは、私と同じものを、全ての者たちに見せてあげたい。
「悟りは頭で理解できることではない」と教えています。
お経の中に、そのために具体的な行動、考え方、生き方を示されています。
 
苦難の人生を生きるヒント
そのお釈迦さまの教えを要約すれば「自利・利他・解脱」です。
 
「自利」は、忍辱・精進
「利他」は、布施・持戒
「解脱」は、禅定・智慧
 
布施(ふせ)   - 分け与えること。
持戒(じかい)  - 戒律を守ること。
忍辱(にんにく) - 耐え忍ぶこと。
精進(しょうじん)- 努力すること。
禅定(ぜんじょう)- 心を集中して、安定すること。
智慧(ちえ)   - 物事が良く分かり、惑わない智慧。
 
日々の六つの行いが、自分自身を向上させ、他の役に立ち、そして人間生活に伴うあらゆる苦悩などの束縛からの開放につながります。
 
苦が無くなるのではなく、苦を開いていくのが仏教です。
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply