ちこういん

鏡は姿を映し、姿は心を映す
 
外へ出かけ際、鏡の前に立ちます。

今日の化粧ののりは良いとか、あの洋服の方が見映えがするとか、色々と考えますよね。

鏡という言葉。
それは「かんがみる」つまり「考える」という言葉が転じて出来た言葉だそうです。
 
鏡を見て、自分の姿を見るのも良いでしょう。
しかし、姿ばかり見るのではなくたまには、これで良いのだろうかと、我が身を反省してみること、これからの自分について考えてみることも必要でしょう。

なぜならば、気が付かないかもしれませんが、鏡の中には「あなた」の心も映っているからです。

仕事がうまくいったり、自分の欲しい物が手に入ったりした時には、鏡の中のあなたもにっこりと笑っています。
又、逆に友人と喧嘩をして不機嫌な時には、どのように映っているでしょうか。
 
鏡はありのままの姿を映し出します。
 
ところが、歪んだ鏡やひびの入った鏡ですと、そうは映りません。
 
人の心も同様です。
弁解をしたり、ごまかしたりしていたのでは、自分の欠点を見つけ出せないまま、後で自分を苦しめることになってしまうのです。
 
ですから、正直な心で、ありのままの自分を見つめることが大切です。
 
「心の鏡」を磨きましょう。
 
いかに外面が良くても、心が貧しければ、鏡にはいやしい姿が映ってしまうものなのです
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply