ちこういん

自利利他

今日は天台大師会。
ご命日であり、感謝報恩の法要を執り行います。
 
天台大師は今から1400年前〈西暦597年11月24日入滅〉、中国のお釈迦さまといわれた方です。
聖徳太子が「日出づるところの天子、日没するところの天子に書を致す。つつがなきや」という有名な国書を送った相手である隋の煬帝から深く尊敬され、「智者」の名を贈られたので、天台智者大師というのが正式な呼び名です。
 
天台大師は、日本に仏教が伝えられた西暦538年に生まれ、七歳の頃には喜んでお寺に通い、一度観音経を聞いただけで覚えてしまったといいます。十八歳で出家すると、当時有名な高僧、慧思(えし)禅師のもとで修行し、法華経を読んで悟りを開きました。
 
その慧思禅師は、日本に法華経を広めるために、聖徳太子に生まれかわったという伝説が中国にあり、聖徳太子は法華経の注釈書をつくり仏教精神にもとづく十七条憲法を定めたことで有名です。
 
天台大師は、当時インドから中国へ伝えられた膨大な経典のすべてを、ひとつひとつ調べて整理し、法華経を中心とした天台教学を打ち立て、法華三大部という本にまとめられました。
 
この三大部は鑑真和尚によって日本に伝えられ、奈良で勉強をしていた伝教大師の目にとまるところとなったのです。
 
その天台大師の教えに共鳴し、平安時代、桓武天皇の外護を受け、比叡山に日本で天台宗を開いたのが伝教大師最澄聖人(767822)です。
 
「自利利他」
自分を利し、他人を利する。
と伝教大師は教えています。
 
人には誰しも自我があります。
自分を一番に考えますね。
 
古代インドにあったコーサラ国王のパセナーデ王は、自分の愛する妃に「お前は世の中で何を最も愛しいと思っているか」と聞きました。
 
彼は妃が、王のことを愛しいと思っていると答えてくれるのを、秘かに期待しておりました。
 
ところが妃のマリカは一瞬ためらいながらも「私がこの世で最も愛しいと思っているのは、自分です」と正直に答えたのです。
 
それを聞いて夫のパセナーデ王は、少しガッカリした様子でしたが、「マリカよ、その通りかもしれない。実は私も、自分自身が一番愛しい」と答えました。


それから二人は釈尊のもとにいき、正直に悩みを打ち明けました。

 
「お釈迦さま、あなたは私たちにいつも、自我を捨てよ、とお説きになりますが、私たちはそれぞれ自分が愛しいので、どうしても自我を捨てることができません」。
 

すると釈尊は二人に向かって「あなたたちの悩みは尤もなことである。自分を一番愛しいと思うことは、人間にとって当たり前のことなのだよ。ただし、それに気がついたら、他人の自我も自分同様に大切にしなければならないのだ。他人の心を傷つけたりしてはならないのだ」と諭されたのでした。

人間が人間らしく生きるための実践すべき大切な徳目のひとつ。
仏教の言葉でこれを「同事摂(どうじしょう)」といって、
相手と同じ目線に立つことであります。
 
同じ目線、同じ立場に立つには、相手を理解しなければなりません。
理解とは、尊重すること、敬うことです。
自分以上の価値を相手に見出すことでもあります。
 
他人を大切にすることこそ、自分を大切にすること。
同時に
自らを生かし、他者を生かすということ。
 
そのためには、自我を、ほんの少し自分を抑えることも必要ではないでしょうか。
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply