ちこういん

姿勢

仏さまの言葉
 

たとえ生命(いのち)のかぎり
師にかしずくとも
心なきひとは
正法(まこと)を知らざるべし
げに
匙(さじ)は器につけども
汁味(あじ)を知ることなきがごとし


たとえ瞬時の間
師にかしずくとも
心あるひとは
たちまちにして
正法を知らん
げに舌こそ
美味(あじ)を知るがごとし

 


どれだけすばらしい師に従って一生学んだとしても

「近くにいるから、いつでも師の教えは聞ける」
と思っていると、何も得る事ができずに終わってしまいます
それはあたかもスープとスプーンの関係のようなもの
スプーンは常にスープの器のすぐ近くにあっても
そのスープの味を味わうことはできないでしょう


一方、一期一会の覚悟で教えを聞けば

たとえ師に従うのが瞬時の間であっても
教え得ることができます
それはあたかも舌とスープの関係のようなもの
舌がスープに近づくのは一瞬ですが
しかしその舌がスープの味を知るでしょう
 
という意味です



 
すぐ近くにいる時にはその有り難さを感じることができず
逆に離れるとその有り難さを知るということ、ありますよね
 
 
もう一つ大切なことは、教えを聞く姿勢、受ける姿勢です
 
何度言ってもわからない人がいます
でも真剣に聴いている方は、一を知って十を理解できる人もいます
 
何十年、あるいは一生ともにあっても、出会えない師弟や夫婦もあり
たった一度でも百年の知己のように通じ合うことができる人もいる
 
要は心の姿勢です
何事も求める気持ちが必要ですね
 
 
 
仏教は求道といって、道を求めます
悟りという目的を達成しようと励みます
 
人生、社会生活でも同じことなので、こちらのご紹介
 
「以我功徳力、如来加持力、及以法界力」
 
物事を成し遂げるには三つの力が必要とおしえます
 
徳を積んで自分が努力精進することから出てくる力
 
御仏によって与えられる智慧と導きによる力
 
天地宇宙の法則と人間界の節理からくる力
 
この三つがなければ、いかなる物事も成就することはなく
あっても、それはつかのまの成功
いずれ、泡のごとく消し去ってしまうのです
 
豊かで幸せな人生を送るには、心の姿勢が大切です
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply