ちこういん

三階建て

わが愚かさを悲しむ人あり

この人、すでに愚者にあらず
自らを知らずして賢しと称するは愚中の愚なり

『法句経』
 
 

富みて愚かなの人の話
『三重の楼(たかどの)』【百喩経】

 
 


昔、財産家がいました
富豪の家に行って三階建ての高くそびえるのを見て
たいへんうらやましく思います
 

お金を貯めて、必ずこのような家を建てようと決心して
財産家は大工にたずねました


「あのような立派な建物を建てる方法を知っているか」


大工
「はい」


財産家
「あのような三階建てを建ててくれ」

 

そして、仕事が始まります

大工は地面を固くして
レンガを積み重ねて
三階建ての家を建てました
 
なぜか、財産家は
建物を建てるところを見て納得できません


財産家
「どうしてそのようにするのか」


大工
「三階建てを建てるのです」


財産家
「私は下の二階はいらない

最初に最上階を建ててくれ」


大工
「それは無理です

どうして一階二階をつくらないで
三階の建物ができましょうか」


財産家は頑固に言います
「私は下の二つの階はいらない

必ず私のために最上階をつくってくれ」
 


すると、他人がこれを聞いて大笑いしました

 
 

愚かな人の馬鹿げた話です

 
愚かな人は努め励むことをしらないで、
ただ良い結果だけを求めようとするとの教訓ですが
でも、これを笑っていられるでしょうか
 
自分が失敗したり、上手くいかないこと
その原因は建物の一階や二階のはず
 
失敗はいらない。
ただ三階という成功や結果だけが欲しい
と思っていれば、愚かな財産家を笑えませんね。
 
今の神社仏閣は、お願いばかりが多い
 
修行をおこたって悟りを求めようとしても無理な話
最上の悟りは修行の積み重ねです
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply