ちこういん

いのちの重さ

命の重さ
 
お釈迦さまの過去世のものがたり



 
昔々、インドにシビ王という心やさしい王さまがいました。
 
帝釈天はその心を試します
 
ある時、王さまのところに鳩が来て
「鷹に追われています。
私のいのちを助けてください」

とシビ王に頼みました。

すると、直ぐに鷹が飛んで来て
「その鳩は私の獲物です。

鳩を食べないと私は生きていけません。
その鳩を私に返して、私のいのちを救って下さい」

とシビ王に頼みました。

シビ王は鷹に向かって
「森の中に行けば鳥の死骸はいくらでもあるだろう。
その肉を食べれば良いではないか」

と言いました。


しかし、鷹は

「私は死んだ鳥の肉では、いのちが保てません。
どうか、その鳩を私に与えて下さい」

とシビ王に再び頼みました。


鳩を渡せば鳩が死ぬ

 
鳩を渡さなければ鷹が死ぬ



シビ王は鷹に向かって
「わかった。私の肉を与えよう」

と返事をしました。


鷹は

「その鳩と同じだけの肉を下さい」
と言うので、

シビ王は自らのももの肉をえぐり取り
鳩と一緒に天秤に乗せました。


しかし、天秤は鳩の方が重たいままなのです。


シビ王は次に片足全部を切り取り天秤に乗せました。


それでも天秤は動きません。

シビ王は「はっ!」と気付き、自らが天秤に乗りました。


すると秤はピタッと真ん中で止まり

鳩とシビ王の重さが釣り合いました。

シビ王は自らの全てを鷹に与え、

鳩と鷹のふたつのいのちを救います。
 
シビ王の心を知った帝釈天は、
王の傷をもとのように癒し、敬いました。
 
このシビ王こそ、お釈迦様の前世のお姿です。
 
 
慈悲の心を教えるお釈迦さま。
重さを量る秤は、いのちの天秤でした。



私たちは、自分の都合を優先して、
自分勝手に他のいのちの軽重を勝手に決めつけ、

軽ろんじる事が多々あります。

自分を取り巻く全てのいのちに合掌。
敬い、感謝することを忘れたくないものです。
 
 
智弘院では年に一度、恵みの秋に
あらゆる食材に感謝する放生祭食材供養が行われます。
 
私たちの生命は、他の生命の犠牲の上に成り立っています
これら物言わぬ生命のおかげに感謝の気持ちを捧げ
あらゆる生き物の霊を慰め供養いたします。



スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply