ちこういん

白猿に助けられる

日蓮聖人、白猿に救われるの巻
 

今日智弘院では、松葉ヶ谷御法難会が執り行われました。
 



聖人は布教のため、鎌倉の松葉ヶ谷に草庵を結び、付近の辻に立って民衆に説法を行なうなど精力的に活動を展開しました。
しかし、それは、既成の他宗(特に念仏宗)や武士階級(幕府)を強く批判するものでもありました。
 

そんな中で、幕府を誡めるために『立正安国論』を執筆し、文応元年(1260)7月に幕府の実権を握っていた北条時頼に献じましたが、念仏僧たちが中心になって時頼に対して訴えたため何の答えもありませんでした。
 

さらには8月27日に鎌倉名越の松葉ヶ谷の草庵で、聖人は夜討ちにあい、命を奪われそうになったのでした。
 

焼打ちされた際、白猿の案内で逗子の岩窟に難を逃れたとされます。
この法難に拘わる、鎌倉の安国論寺と逗子の法性寺に猿の像があります。
 
また、猿は日頃、聖人が飢えていたとき、食物を持ってきてくれたとも伝わります。
 
 
安国論寺境内
日蓮聖人に食物を捧げる猿
 


 
法性寺山門の扁額の猿
法性寺の山門には、山号「猿畠山(えんぱくさん)」の扁額が架けられていますが、そこには日蓮聖人を案内してきたとされる山王権現の白猿があしらわれています。



スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply