ちこういん

花が綺麗です

アジサイが綺麗ですね。




お寺も色々なお花が咲いて、楽しませてくれています。
 

お花と言えば、仏壇やお墓にお供えしますが、
お釈迦さまが仏さまになる前、前世で修行していた時のはなし。


燃灯仏(ねんとうぶつ)という仏さまに会うことができたので、

何かご供養したいと思いましたが、何もご供養するものがありません。


そこで、近くにいた花売りの女性から

五茎の青蓮華(しょうれんげ)というお花を買ってご供養した、
というお話がお経の中に出てきます。


これが、お花をお供えするはじまりだといわれています。

また、
花のお供えの向きには3つの意味があります。
①花を仏さまに向ける「向上相」。
②花を八方に向ける「向中相」。
③花を私たちの方に向ける「向下相」。

花をお供えするのは、

「仏さまに美しいものをお供えし、仏さまをお飾りする」
という意味がありますが、
 
それだけでなく
「お供えする人の心を穏やかにし、仏道に励む心を養い、智慧を育てる」
働きがあるといわれます。
 


香は禅心よりして火を用ゐることなし 
花は合掌に開けて春に因らず
 
香りは、わざわざ火を用いて焚くものではなく、
清らかな心の中に薫るものですよ。
同じように、花は春が来るからつぼみが開くのではなく、

正しい心で合掌するその手の中に花は咲くものですよ

 
これは、菅原道真公『和漢朗詠集』が詠んだ和歌です。


心がきちんと整っていないのに、

いくら高いお線香を買って焚いても効果はありません。
たとえどんなに小さなお香であっても、
供える人の清らかな心一つでとてもよい香りとなります。


同じように、どんなに高価なお花よりも、

心から手を合わせる合掌の方が何よりのご供養となります。


つまり、外に見える部分以上に、

花を手向けるあなたの「心」が何よりも一番大切なのです。


お供えするのは、

私たちが、仏さま、ご先祖さまを大切に想う「心」です。

スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply