ちこういん

出逢い

学ぼうとする意欲があれば、そこに善き師との出逢いがあります。

今年は酉年なので、鳥のお話です。
 
啄同時(そったくどうじ)」という言葉があります。
 
鳥が卵からかえる時、ヒナは卵の殻を破って出てきます。
 


このとき、ヒナは内側からこつこつと卵の殻をつついて出ようとします。
これを「
(そつ)」といいます。

 

ちょうど同じ時に親鳥は、外側から卵の殻をコツコツとつついて、ヒナが出てくるのを助けます。
これを「啄(たく)」といいます。

 
ヒナと親鳥、内側と外側から同時につつくことで、殻が破れてヒナが生まれ出ることができるのです。
 
少しでもつつく時期がずれたり、場所がずれたりすると、ヒナは生を受けることができないかもしれません。
 
この絶妙なタイミングを、「啄同時」(そったくどうじ)」といいます。
 
その絶妙なタイミングって、どうやって察することができるのでしょう。
学校、職場、習い事、子供への教育…。


いろんな場所で、私たちは教え、教えられる機会があります。

 
良い指導者に巡り会うことで、殻を破ってますます伸びていくことが出来ます。


自分が殻を破る瞬間。
人が殻を破る瞬間。

 
善き師に逢うことによって、弟子は育つもの。
弟子の準備が出来ると師が現れるものです。
 
学ぼうとする意欲があれば、
そこに善き師との出逢いがあります。
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply