ちこういん

生き物を放つ 放生会

放生会(ほうじょうえ)

放生会とは、捕獲した魚や鳥獣を野に放し、殺生を戒める儀式です。
仏教戒律である「殺生戒」を元として、
日本では神仏習合によって神道にも取り入れられ、
収穫祭感謝祭の意味も含めてまたはに全国の寺院や、
宇佐神宮を初めとする全国の八幡宮(八幡神社)で催されます。
特に京都府石清水八幡宮福岡県筥崎宮のものは、それぞれ三勅祭
博多三大祭として、多くの観光客を集める祭儀としても知られています。
 
金光明最勝王経』長者子流水品には、
釈迦仏前世であった流水(るすい)長者が、
大きな池で水が涸渇して死にかけた無数の魚たちを助けて、
説法をし放生したところ、魚たちは三十三天転生して、
流水長者に感謝報恩したという本生譚が説かれています。
また『梵網経』にもその趣意や因縁が説かれています。
 
仏教儀式としての放生会は、中国天台宗の開祖智が、
この流水長者の本生譚によって、漁民が雑魚を捨てている様子を見て、
憐れみ、自身の持ち物を売っては魚を買い取って、
放生池に放したことに始まるとされています。
また『列子』には「正旦に生を放ちて、恩あるを示す」とあることから、
寺院で行なわれる放生会の基となっています。
 
日本においては天武天皇5年(677817日。
諸国へ詔を下し、放生を行わしめたのが初見であります。
殺生を戒める風はそれ以前にも見られたようで、
敏達天皇7年(578)に六斎日に殺生禁断を畿内に令したり、
推古天皇19年(61155日に聖徳太子が天皇の遊猟を諫した、
との伝えもあります。
聖武天皇の時代には放生により病を免れ寿命を延ばす、
との意義が明確にされました。
放生会は、養老4年(720)の大隅日向両国の隼人の反乱を契機として、
同年あるいは神亀元年(724)に誅滅された隼人の慰霊と、
滅罪を欲した八幡神託宣により宇佐神宮で行なわれ、
石清水八幡宮では貞観4年(863)に始まり、
その後天暦2年(948)に勅祭となりました。


飲食店や生き物に携わる仕事の方は、
放生の心を持たれるといいですね。

江戸時代には庶民の間で自然に溶け込んでいたんです。





いいことした気分のイベントだったようです。

当寺では、9月17日に放生祭を営みます。

鳩やドジョウを用意して、
お経を読みご供養した後、放ちます。

お経中、ドジョウもうれしいのか飛び跳ねてます。

スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 2

There are no comments yet.

suisyou  

No title

福岡の筥崎宮の放生会に行った事が有ります。
確か福岡では「ほうじょうや」と言っていた様に
記憶します。
葉がついた新生姜や、吹くと音の出るチャンポン等
お祭り気分満載で賑わっていました。
懐かしく思い出します。

2015/09/15 (Tue) 22:25

智弘院  

No title

コメント有難うございます。
そうですね。呼び方が違います。

良い思い出ですね。
私も行ってみたいです。でも、福岡は遠いです。

2015/09/15 (Tue) 23:09

Leave a reply