ちこういん

お彼岸について

彼岸について
 


彼岸とは、「彼の岸」すなわち「悟り、涅槃の境地」を意味し、
その語源は、サンスクリット語「パーラミター(波羅蜜多)」の漢訳語の
「到彼岸」からきています。
煩悩と迷いの世界である「此岸」から悟りの世界「彼岸」へ到達するために、
「六波羅蜜」の修行を行ないます。
彼岸はその修行をするための期間でもあります。

※六波羅蜜(ろくはらみつ)とは
布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧という六つの実践徳目。

お彼岸には、お墓参りをし、お花や線香を供え、
真心の合掌を捧げる修行が大切ですが、お参りは一度行ったら、
後はほったらかしにするのではなく、
彼岸参りに限らず何度でも繰り返し行なうことが肝心なのです。
また菩提寺は、故人の追善供養を行なう役割も重要ですが、
檀家さんの相談事も聞いてくれますので、お彼岸参りの際は、
ご住職に一言ご挨拶されるのも良いことだと思います。

また、お仏壇の掃除はもちろん、仏具などもきれいにして、
お花もかえます。季節の新しい花をさしてあげれば、一層良いことです。

おはぎ(ぼた餅)を供え、団子やお霊供膳(れいぐぜん)、珍しいお菓子、果物をお供えするのも良いことです。

当山では、22日彼岸のお塔婆供養を行ないます。
ご先祖様は勿論のこと、御恩のある方や、
お世話になった方の塔婆供養も大切ではないでしょうか。
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply