ちこういん

文化の日

今日は文化の日

文化と言語、文化と思想を考えます。

言葉が消えていく
文化が消えていく
 
ネルソン・マンデラ氏の言葉
 
相手の理解できる言葉で話せば、
相手は頭で言葉をわかってくれる。
相手自身の言葉で話せば、
相手は心で言葉を理解できる。
 
 
もし誰かがペルシャ語を学びたいと考えたとします。
辞書をひいて、
「ありがとう」のペルシャ語の言い方がわかりました。
「これの値段はいくらですか」の言い方がわかりました。
「さようなら」もペルシャ語で言えます。
これでペルシャ語が話せるようになった。
本当にそうでしょうか?
 
 
ペルシャ人の方の本屋さんに行って、
「これはいくらですか?」と尋ねるとします。
店員さんはこう返すらしいです。
「この商品に価値はないよ」という意味の言葉で。
 
 
どうしてこういう答え方をするか。
これは文化的な習慣によるものです。
 
 
会話の時に、相手に対してお互い謙遜する文化があるそうです。
日本も同じですね。
 
つまり、本を買おうとした時に、
店員さんがこれは5ドルだよ」、
というのは無礼な行為になるということらしいです。
 
 
ここでは、
この商品に価値はありませんよ、
お客さんの見た目を褒めて、
あなたはとても頭がよさそうだな、と話をして、
ただで商品を持っていってもいいよ、
というのが正しいマナーになるそうです。
 
 
他にも、もし誰かに対して感謝を伝えたい場合や、
会えて嬉しいと言いたい場合の気持ちに、
イランの人は、ペルシャ語で「ありがとう」と言うそうです。
 
実際、その言葉の意味は、
「私の人生をあなたに捧げてもいいですか」
という意味の言葉になるそうですよ。
 
詩的で、メロドラマのようです。
ただ、文化を理解することで本当の意味を知ることができます。
「文字通り」に捉えては、勘違いしてしまいます、いけませんね。
 
2週間に1つの言語が消えている
 
世界中の村に昔から伝わる言葉、理由はさまざまですが、戦争や飢饉、時より起こる同化政策によって言語は消えています。そして、アラビア語・英語・フランス語を話すようになるというのは、本当にありふれた出来事のようです。
 
言語を失う。それは、個々の民族に伝わってきた挿話や歴史、そして伝承がパタッと途絶えてしまうことです。
もう、彼らの世界を理解することは、出来なくなります。
 
 
言語は、文化的な世界観を本質的に表すもの。
 
世界共通語になっている英語とグローバル化。
 
そのなかでも、日本語にもっと心を向けたい。
 
美しい日本語の中に、美しい日本、日本人がいると思うのです。




 
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 1

There are no comments yet.

智弘院  

No title

> aro@naさん
思いやりが大切ですね。
一方的にならないように!

2016/11/03 (Thu) 21:15

Leave a reply