ちこういん

時計

11月1日 おはようございます。
 
ご訪問有難うございます。
 
一年も残すところ二か月、時の流れは早いものです。
日々追われるように過ごす一年、心の歩みを止めてふと省みると、一体どれだけ事をなせたのかと考えさせられます。
 
今日は日蓮宗の荒行の入行日。
修行僧が十一月から二月までの寒中壱百日間の荒行堂で、法華経読誦と水行に心身を清める修行がはじまった。
 


たった壱百日、されど壱百日です。
三ヶ月余りの期間に、修行僧それぞれの人生が凝縮され、
試され、それぞれのドラマがあります。
 
しかしそれは荒行僧だけに限られたものではないですよね。
人はみな同じ、一年間、一生と、限られた時間を生きています。
 
時の流れと共に、果たす社会や家庭での義務や仕事。
過去の自分への後悔や、未来への不安が去来してはストレスや病に煩い、私達が元々持っている健康的な生命力が発揮されなくなる。
 
だから、縛られたように固くなった心を解きほぐし、
リセットする事がとても大切になってきます。
 


時間を気にして、時計をみる時、
今、何時何分か時計の針先をみます。
 
でも時計の中心を見てみると、
そこから全ての時間が拡がっています。
世界中に全ての時間が流れてる。
 
針先が告げる自分という小我に囚われずに、
大きな視点で世界との関わりを実感する事も大切。
 
仏さまは、自分一人に止まらず、すべての人の幸福を目指すという菩薩の生き方を教えます。
時々は、自分だけという小我の心の歩みを休めて、
大我、大きな視点に立って、奉仕の心で自分や周囲と向き合いたいものです。
 
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply