ちこういん

和光

928日 こんにちは。
 
ご訪問有難うございます。
 
最近、朝に時間が取れず、ブログ更新の時間がバラバラです。
 
さて、「和光」という言葉。
 
銀座4丁目交差点の時計塔が有名ですね。




華やかな銀座のシンボル。
完成から、当時の恋人たちの待ち合わせ場所だったことでしょう。
 
和光のデパートの話ではなくて、
私が修行に行くお山の上に「和光門」があります。




 私は「和光」「和光同塵」が好きです、理想です。
おこがましいですが、そうありたいというものですから、お許しを♪
 
意味は、
光をやわらげること、また、やわらかな光。
仏・菩薩(ぼさつ)が本来の威光をやわらげて、
ちりに汚れたこの世に仮の身を現し、衆生を救うことです。
 
 和光同塵(わこうどうじん)
老子
「光を和し、塵に同ず。」
 
「光を和し」とは、
自分の持っている高い道徳的品性と、
秀れた才智の輝きを光に喩え、
それを和らげる、即ち、表に出さないこと。
 
「塵に同ず」は、
ちりやごみに汚れた現実の娑婆世界に同化すること。
 
つまり、
聖人君子がその知徳を和らげて、
隠して俗塵の世界に入って人々を救い導くという事。
 
ちょっと、生意気ですが、
こんなことをいつも考えている自惚れやの私なのです。
なんてね!
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply