ちこういん

迷惑

923日 おはようございます。
 
ご訪問有難うございます。
 
お彼岸です。
向こう岸、悟りの世界へ、ということです。
 
私たちは、迷いの世界にいるというわけで、
確かに人生は悩み苦しみがつきもの。


迷惑という言葉。
 
「人に迷惑をかけたらいけないよ」
小さな女の子の言うと、
「うん!わかった」と、とても良い返事をしましたが、
その直後「それで迷惑って何?」と質問してきました。
それを聞いた私は、「人が嫌がったり、自分がされたら嫌な事」と答えます。
 
さて、迷惑って何でしょうね?
 
テレビで著名人が「ご迷惑をおかけしました」と頭を下げています。
御馴染みですね。
 




周りを見渡せば「迷惑」という言葉は、
謝罪や怒り、訴えや標語等に良く使われています。
日常の中でよく見聞きする、ありふれた言葉となっています。
 
 「迷惑」という言葉は、他人に不快な思いをさせる、
または自分がその様に思う事として使われています。

元々は仏教用語。
心の迷いや道理に迷う事を意味していたものです。
 
また、「迷惑」という言葉には人に頼み事をする時に、
「ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします」と言ったりする様に、
「人の手を借りる」
「お世話になる」
という意味も含めて使われることも多いですね。
 
その様に考えてみると、私達はいつも誰かのお世話になりながら、
つまり迷惑をかけながら生きている、とも言えます。
 
ご縁

仏教では、全ての事は互いに関係し合って存在していると説かれています。
それは私達がお互いに
お世話をし、お世話になる、
少しずつ迷惑をかけ、かけられながら、
支え合って生きている存在だという事です。
 
多くの方に迷惑をかけ、
支えてもらっている事で生かされている。
そして、自分もその支え合いの輪に入っている。
 
そう実感できたなら。

迷惑をかけないように生きながら、
迷惑をかけていることを意識して、
感謝で日々を過ごす。

迷いのない、彼岸にたどりつける方法かも。
 
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply