ちこういん

龍口法難の日

912日 おはようございます。
 
ご訪問有難うございます。
 
今日は、お寺は龍口法難会です。
 


どんな法会かと申しますと、おおまかなあらすじは。


日蓮聖人が、災害や国難解決のために、

鎌倉幕府に対して「立正安国論」を奏上します。

しかし、幕府はこれを政策の中傷であると受け止め、

鎌倉の松葉ヶ谷の草庵にお住まいであった日蓮聖人を捕らえます。
 
刑場である、龍ノ口(たつのくち)(藤沢市片瀬)へ連行されました。
この日が、912日。





翌13日子丑の刻(午前2時前後)、
土牢から引き出された日蓮聖人は、
敷皮石(座布団状の石に皮を敷く)に坐らされ、
評定の使者も待たず、あわや斬首になるときでした。





 「江ノ島の方より満月のような光ものが飛び来たって首斬り役人の目がくらみ、畏れおののき倒れ」(日蓮聖人の手紙より)、斬首の刑は中止となりました。

龍ノ口刑場で処刑中止となったのは日蓮聖人。

その後、聖人は佐渡流罪となります。
 

爾来、この出来事を「龍口法難」と呼び習わしています。

龍口法難の後、日蓮聖人の霊跡として龍口寺が建立されました。





現在でも、上人がお座りになったとされる「首の座の敷皮石」が安置されています。
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply