ちこういん

仲間 友達

お釈迦さまが御弟子の阿難さまと托鉢に出られたときのことです。

お釈迦さま「阿難よ、あそこに落ちている縄を拾ってきなさい」

拾ってきた阿難にお釈迦さまは問われます。
お釈迦さま「阿難よ、その縄はどのような臭いがするか」
阿難   「とてもいやな臭いが致します」

しばらく行くと今度は紙切れが落ちていました。
お釈迦さまはさっきと同じように拾わせ、どんな臭いがするか問いました。
阿難   「とてもよい香りが致します」

お釈迦さま「縄は初めから、嫌な臭いをしていたわけではない。
      紙も初めから、良い香りをしていたのではない。
      縄は人の嫌がるものを縛っていたために、嫌な臭いになり、
      紙は香りのよいものを包んだから、よい香りとなった。
      人の心もあの縄や紙のように、移り易く染まり易いものだ。
      だからこそ善き仲間・良き環境を得なければならない」
と教えられました。

友達を選ばないで、だれとでも仲良くしたいですね。
しかし、悪いことに誘われて一緒にやってはいけない。
自分の影響で悪い友達も、みんな善い人になっていく。これが理想かな。

智弘院ホームページ




スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply