ちこういん

ロボット

 716日おはようございます。
 
ご訪問、有難うございます!
 
朝の一言
出(いず)る気(いき)は、入(い)る気を待つ事なし。
風の前の露、尚(なお)譬(たとえ)にあらず。
日蓮聖人
よくよく思うのに、人の寿命は無常であって、吐く息は、吸いこむ息を待つ間もないくらいであり、風の吹く前の露のようなもので、いつ散ってしまうかわからない、儚(はかな)いものなのである。
 
 
だいぶ前になりますが、テレビのニュースで犬のロボットが袈裟を着て同じ型のロボットの葬儀をしていました。
 


アイボのお葬式
朝日新聞デジタル
 
生身の人間と同じく、機械にも寿命があるとは。
それも、製造終了という寿命です。
飼い主が愛情を込めて大切にしてきたロボットですから、
心情的に、葬儀をすることになったのですね。
 
人工知能の開発が進んでいる現在。
将来、私たちがやっている仕事のいくつかは、
人工知能に取って代わられているかもしれません。
お坊さんもロボットでいい、となっているかも。
 
人としてできることをきちっとやらねばいけないですね。 
こころを大事にしなければと思います。
 
その「こころ」を大事にするから、
日本古来から人形供養というような、
生き物でないものを供養するという風習があったのです。
 
人形のような生物に似せたものだけではなく、
針供養や包丁供養など、道具についても供養してきました。
長い間大切に使い、助けてもらっている道具に感謝する気持ち。
 
ありがたいという感謝があればこそ人間。
それがロボットにはない人間の持ち味ではないでしょうか。
 
私たちもロボットに供養される日が来るかもしれません。 
 
逆に言えば、慈悲の心を軽んじた仕事は、簡単にロボットに代わられてしまうかもしれませんね。
 
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 2

There are no comments yet.

花やっこ  

No title

まことに 諸行無常
全ての霊を供養いたしましょう
感謝いたしましょう

2016/07/16 (Sat) 11:55

智弘院  

No title

> 花やっこさん
まさに諸行無常。
感謝にて、日々を過ごしたいものです。

2016/07/16 (Sat) 23:21

Leave a reply