ちこういん

邪魔

73日おはようございます。
 
朝の一言
されば鹿は味ある故に人に殺され、
亀は油ある故に命を害される。
女人はみめ形よければ嫉む者多し。
日蓮聖人
 
邪魔
 
花に嵐、月に雲。
「好事魔多し」と言いますが、物事には「邪魔」がつきものです。
 
茶店で静かに読書をしようとすると、周りの話声がうるさい。
周りの人は邪魔するために話をしているのではありません。
自分たちが楽しいからです。
 
無風の時、自転車に乗って走れば、自然に風を受けます。
あたりまえのことですよね。
 
人がもし一歩向上しようとすると、
周囲の何でもないものが、
皆な障碍になって来るのです。
人生の問題はここにあります。
 
自然には好意も悪意もありません。
各自それぞれの営みをし、己れを利するために努めているだけです。
それが時に自分にとって好都合の事もあり、又不都合の事もあるのです。
 
聖人のお言葉は、
誰かが自分の利のみを考えて、他の犠牲を厭わない場合のことを教えています。
美女が嫉まれるのは、私たちが往々にして、他人の幸福は自分の不幸であるかのように誤解してしまうからです。
 
このことを逆に考えますと、私たちは、自分では気付かないうちに、誰かの「邪魔」になっているかもしれません。
 
自分のことしか考えられず、周囲に目が向かない時、
人は「魔」となってしまう。
 
仏教は成仏を教え、
成仏とは総和であり、
一人では出来ないこと。
 
幸福を妨げ、成仏の障碍となるものを「魔」といいます。
 
自分勝手。
これこそが「悪魔」なのかもしれませんね。
 
 
さて、今日からお盆です。
皆さんはピンと来ないでしょう。
 
お寺、お坊さんのお盆の活動は早いのです。
これから、東京に行ってきます。
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply