ちこういん

夫婦の絆

627日おはようございます。
 
朝の一言
夫妻は海老同穴(かいろうどうけつ)の契(ちぎり)とて、
大海にあるえび(海老)は同じ畜生(ちくしょう)ながら、
夫妻ちぎり細かに、一生一処にともなひて離れ去る事なきが如し。
日蓮聖人
 
オシドリ夫婦といいますが、
聖人の信徒の、互いに支え合うご夫婦に対しての賛辞の言葉です。



夫婦は「偕老同穴(かいろうどうけつ)の契(ちぎ)り」といわれ、

年老いて死ぬまで連れ添い、同じ墓に入るご縁である。
「海老同穴」とも書くように、海老は他の動物たちとは違って、
夫婦の愛情が細やかで一生同じ処に住み、決して離れることはないのです。



*同穴海老(どうけつえび)は雄雌一匹ずつ、
偕老同穴(洋名・ビーナスの花かご)の中で一生を共にします。
 


この例えは、
夫婦が長生きして、死後も同じ墓に葬られるという意味で、
夫婦の契りの固いこと、むつまじく幸福な理想の結婚生活をいいます。
 

長い歴史の一夫多妻制の国で、
日本に一夫一婦制度が始まって100年ちょっと。

刑法では明治13年に、

戸籍法では明治19年に「妾」という表現は姿を消し、
明治31年に民法により一夫一婦制は確立しました。

しかし今は、不倫の問題が多いですね。

ワイドショーや週刊誌の格好の話題。
みんな楽しみにしているのでしょう。
 
そんな中、はるか昔の鎌倉時代、
聖人は理想的な夫婦のあり方を信徒に教えています。


ちなみに、
色情因縁のご供養のお話

色情因縁。男女問題や金銭問題が多い。
浮気が頻繁であったり、好きでも無い人とある時期になると身体を求めてしまったり。これが色情因縁を持った方の特徴です。
 
この色情因縁を軽くする為に御施餓鬼供養をします。
一例
ご主人の浮気が絶え無い。
次から次と女性問題と借金に苦しまされた奥さん。

ご主人のお父さんはどうだったのか?
お父さんも同じ事をしていた。

では、お爺さんは?
お爺さんは真面目な方だった。

もしかして、お父さんは養子ではないですか?
ずばり、養子でした。

お父さんが養子に行く前の家の色情因縁の御施餓鬼供養をする。
苦しんでいる女性がいる?
家を追い出された女性がいるかな?

また、こういうご養子を迎え入れる家と、
男をそのような行動にはしらせる女性の振舞いは?

夫婦、家を破たんさせようとするもの、
どんな恨みがあるのかな?

調べながら、供養をしていく。
後日、奥さんから、
毎朝ご主人が、歯磨きしてる訳でも無いのに、
えづいていた耳を塞ぎたくなるえづく声が、ピタリと止まったんです。
行動も落ち着いてきていて、
ドアの開け閉めする時の、わざと大きな音を立てる事もしなくなりました。

こんなこともあるのです。
信じるか信じないかは、あなた次第です。

 
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply