ちこういん

幽霊にならないように

6月25日おはようございます。
 
朝の一言
いきてをはしき時は生の仏、今は死の仏、生死ともに仏なり。
即身成仏と申す大事の法門これなり。
日蓮聖人
 
生きてる今も、亡くなったあの世でも、お釈迦さまは成仏を教えています。

特に今が大事、即身成仏(そくしんじょうぶつ)というのは、亡くなってからではなくて、日々の生活にあります。

 
 
関東は梅雨、蒸し暑いです。

少しヒンヤリ涼しくなりたいなら、「幽霊(お化け)」のお話ですね。 
幽霊、皆さんはどんな姿を思い浮かべますか?



                                円山応挙


日本人のイメージする幽霊ベスト3

1
つめは、乱れた長い後ろ髪。
2
つめは、前にぶらぶらと垂らした手。
3
つめは、足がなく宙に浮いている姿。
 

短髪や茶髪だったり、
手を組んでいたり、
足の先まではっきり見える幽霊。
 
もしいたら、チョットしっくりきません。

 この3つの特徴。
実は、「こういうふうに生きてはいけないよ」という、

人の良くない状態を戒めるために描かれた姿なんです!


1つめの「長い後ろ髪」は、

後ろ髪が引っぱられるように、終わったことに引きずられ、過去にとらわれてしまっている状態。


2
つめの「前に垂らした手」は、

未来に心を奪われて、身勝手な願望ばかりをもち、不安や心配ばかりがつのる状態。


3
つめの「足がない」は、

ふらふらと周りに流されて、地に足をつけてきちんとした生活ができていないこと、現実を生きていない状態。
 
つまり、過ぎたことにくよくよし、未来への不安を抱き、最も大切な今日を生きていない状態が幽霊なのです。
 
それって、私たちかも?

「あの時、ああしてればよかった、ああしなければよかった」とか、
現実をみないで、都合のいい未来ばかりを望んではいませんか?
ちゃんと、毎日を自分の足で歩いていますか? 
 

足元を見失った人の姿、仏教では「執着」といいます。
ものごとに心をとらわれて、そこから離れられない。


私たちは、「今」にきちんと正面から向き合い、

自分の周りの一つひとつに感謝しながら、
心穏やかに毎日を過ごす。
 
成仏って、そういうものです。
生きたままの幽霊にならないように、気を付けましょう。
 
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply