ちこういん

今日は唱題行です

6月19日 おはようございます。
 
朝の一言

小罪なれども、懺悔せざれば悪道をまぬがれず。
大逆なれども、懺悔すれば罪きえぬ。

                   日蓮聖人
 
戦いで人を殺すことが仕事でもあった武士の信徒さん。
生前中は、日蓮聖人に悩みを打ち明けていました。
その方の訃報を聞き、そのお母さまに送られたお手紙です。
 


針が水の中に沈み、雨が空中にとどまらないように、

蟻を殺した者も地獄に堕ち、死体を切った者も悪道へ堕ちることから免まぬがれることはできません。
まして、いかに武士といえども人間を殺したとすればなおさらのことです。
 
しかし、大石も船の力を借りて海に浮かぶことができ、
大火も水の働きによって消すことがきるように、
 
小さな罪でも悔い改めなければ必ず悪道に堕ちますが、
大きな罪を犯した人でも、
悔い改めればその罪を消すことができるのです。
 
 
そういうことで、今日お寺では題目行があります。
懺悔滅罪の為の修行です。
懺悔をする事は、悪循環を断ち、開運につながります。
 
 

法華経の信仰は懺悔に始まり懺悔に終わります。
その懺悔の中に自分の罪の重さが自覚されてくるのです。


懺悔の唱題を積み重ねる中に、生かされている自己に気付きます。
その時、懺悔の唱題は、深い感謝報恩の心を生みます。

 
さて、
9時から4時まで、休憩はさみながらお題目を唱え続けます。
今日も暑くなりそう。大変そうだな~。
 

また、今日NHKで午後9時から特集「マインドフルネス」です。
お寺でいつもやっていることなので、見てみたいです。
 
過去記事へ
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 1

There are no comments yet.

智弘院  

No title

> まなべえさん
うれしいです。日蓮大聖人に魅力を感じてくださって。

拝むのはいいですよ。
ただ、拝むだけではもったいない。
日蓮大聖人のお心に触れてみてはいかがでしょうか。

御遺文という「お手紙」が沢山残っています。
自分へのメッセージとして、大聖人様と向き合われることをお勧めいたします。

私もそうしています。

ちなみに、日蓮大聖人は釈迦仏法華経を師としていました。

2016/06/20 (Mon) 08:40

Leave a reply