ちこういん

指導者

6月7日 おはようございます。
 
朝の一言
一つ船に乗りぬれば、
船頭のはかり事わるければ
一同に船中の諸人損じ、
又身つよき人も、
心かひなければ、多くの能(のう)も無用なり。
日本国には、かしこき人人はあるらめども、
大将のはかり事つたなければかひなし。
        日蓮聖人
 
一隻の船に乗り合わせている時、船頭の舵取(かじとり)が悪ければ、船中の人々は命をなくしてしまう。
また、どんなに身体が強くても、心が弱ければ多くの能力も役立つことはない。
日本国には賢明な人々はいるようであるが、大将の指揮が拙劣であるから望ましい結果もでないのだ。
 
 
鎌倉時代、目の前に戦争が迫っている時の言葉です。
今も昔も同じです。
政治家の舵取りに、都も、国の命運も。
 
 

 身つよき人も、心かひなければ多くの能(のう)も無用なり

一人の人間も、肉体の力を動かしていくのは心です。

頑健な身体をもち、技を身につけていたとしても、
それを正しく働かせ、自分自身にとっても、

人々のためにも、使いこなすには心・精神が必要。
 

知識と智慧の関係にもあてはまる。
どれだけ幅広い知識をもっていても、使いこなすのは智慧。
 
 葛飾北斎

もっとも大事な心は、一つの船にたとえれば、
その指揮をとり、正しい航路へ導いていく船長であり、
一国にたとえていえば、大将すなわち権力者です。
 
権力をもつ人が正義を重んじ、
賢明な知恵を発揮していけば、
その国の民衆は苦難を免れ、
幸せを得ていくことができる。
 
今の時代は、権力者、政治家を選ぶのは私たち。

賢明な判断が必要です。

 
 
 
今日は「タマ」です。
 


ゆすっても、無視されてます。

スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply