ちこういん

麻の中の蓬

526日 おはようございます。
 
朝の一言
麻の中のよもぎ 
筒(つつの中の(蛇)くちなは
よき人にむつぶもの、
なにとなけれども
心も ふるまひも 言も (直)なをしくなるなり。
日蓮聖人
 


麻の中に生える蓬は真っすぐに伸び、

筒の中の蛇も真っすぐになる。
同様に、善良な人と交わり親睦していけば、自然に感化を受け、
ごく自然にその人の振る舞いも言葉も、真っすぐに正されていくものです。
 

麻中の蓬 ( あさの中のよもぎ )
これは、中国の思想家、荀子の言葉です。


(よもぎ) のように曲がりやすいものでも、まっすぐ伸びる性質の麻の中に入って育てば、手を加えなくても、曲がらずに伸びるということ。

そして「筒の中のくちなは」。「くちなわ」というのはヘビのことです。

朽ちた縄、ということですから、これはヘビの見た目からきているヘビの別名です。ヘビもくねくね曲がって歩くけれども、まっすぐなパイプの中に入れてやれば当然まっすぐになります。


人の心というのは影響を受けやすい。
すぐに曲がってしまいがちだけれども、まっすぐな、善良な人たちとふれ合っていくことによって、まっすぐになっていくんだ、ということを言われているわけです。
そして、仏様の心というのはまっすぐな、良い心であるから、深い意味までは分からなくても、心を込めて仏様に手を合わせ、いつも心に思いなさいと。
 
私たちは一人で生きているのではありませんから、善い知り合い、お友達を作って、仲良く、明るく、互いに励まし合えたらいいですね。

スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply