ちこういん

引き寄せる

随喜功徳
ずいきくどく
 
御経に出てくる言葉です。

他人の幸せを喜んであげるだけで、
徳を積むことができる。
そうすれば善行の結果として、
神仏がその人に恵みを与えてくれる

という意味です。
 
とてもシンプル。
すぐに実行できることですから、
やらないのはもったいない。
 
具体的にどうするかというと、
知り合いにうれしいことがあったときに、
「良かったね」と言ってあげるだけ。
 
たとえば、友人が家を新築して自分が招待されたとしましょう。
もしかすると、心の中には、
「うらやましいな。それに比べて自分は給料が安いから、
家なんて建てられない。自慢したくて、わたしを呼んだのかな」
というような嫉妬の気持ちが芽生えるかもしれません。
 
「こんな大きな家を建てて、ローンは大丈夫なの?」
と余計な心配をしたくなるかもしれません。
 
しかし、相手が喜んでいるのですから、
そんなマイナスな気持ちは捨てて、
一緒に喜んであげましょう。
 
いつも、他人の幸せをうらやましがっていた人が、
その考えを捨てて、他人を祝福するようになると、
心の状態はマイナスからプラスへと変わっていきます。
 
意識してみると、
何かいいことがあってよろこんでいる人は、
意外と多く見つかりますよ。
 
「おめでとうございます。よかったですね」
そういって、周囲の人の幸せを自分のことのように喜べる人は、
心にプラスのエネルギーが増えるだけでなく、
人から信頼され、いい人間関係が広がっていきます。
 
そして、心に増えたプラスのエネルギーは、
そう遠くないうちに、
自分自身が周囲のみんなから
「よかったね」と祝福を受けるような、
いいことを引き寄せてくれるのです。
 
 
引き寄せ
あえて、流行っているような、この言葉を使ってみました。
 
いまふうのブログになったかな?
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply