ちこういん

5月4日 朝の一言

おはようございます。
 
朝の一言
人の悦び多多なれば、
天に吉瑞をあらはし、地に帝釈の動あり、
人の悪心盛なれば、
天に凶変(きょうへん)、地に凶夭(きょうよう)出来す、 
瞋恚の大小に随いて天変の大小あり、
地夭(ちよう)も又かくのごとし

           日蓮聖人

 
今日は、お天気大荒れです。
被害が小さいと良いのですが。
 
吉瑞(きちずい)と凶夭(きょうよう)
こういう考え方をしますよ。
自然界に起こる様々な異変は、自然それ自体の活動とはせず、
人間界の動向と深く関わると考えます。
人の悦びや平安多幸は吉祥の瑞が天に現われ、
地も帝釈の快い活動を招いて安穏豊楽で五穀がうるおうといいます。
逆に人々の悪心が盛んになれば、
天には不祥の異変が現われ、地には不吉な災厄が起こる。
 
悪心というのは煩悩。
特に三毒という三つの煩悩が貧(むさぼり)・瞋(いかり)・痴(おろか)。
 
ともかく、怒りの心は心身に良くないもの。
智慧を身に付けなければ、怒りはなかなか対処できません。

学ぶ心を大切にしたいです。
一日一つ。新しい気づきがありますように。
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply