ちこういん

4月30日 おはようございます

おはようございます。
 
朝の一言
いかなる 男を せさせ 給うとも 

法華経の かたき ならば 随ひ 給う べからず、
いよいよ 強盛の 御志 あるべし、
冰は 水より 出でたれども 水よりも すさまじ、
青き 事は 藍 より 出でたれども 

かさぬれば 藍 よりも 色 まさる

日蓮聖人

いかなる おとこを せさせ たまうとも 

ほけきょうの かたき ならば したがい たまう べからず
いよいよ ごうじょうの おんこころざし あるべし
こおりは みずより いでたれども みずよりも すさまじ
あおき ことは あい より いでたれども 

かさぬれば あい よりも いろ まさる.


訳 
どのような男を夫に持っても、人の道に外れるならば、決して従ってはならない。いよいよ強盛に自分の気持ちをを貫きなさい。氷は水からできるが水よりも冷たいし、青色は藍色より出るが重ねると藍色よりも一層濃い。心も同じですよ。


今日は、日蓮聖人のシングルマザーへの手紙です。
人の道か?男か?
信心か?恋心か?
 
鎌倉時代は、女性軽視の男社会、武士の社会です。
今日の言葉は、幼い娘をもつシングルマザーに対して、
希望を持たせる、強い励ましの言葉。
 
女性が男に頼らず、子供と生きていく決意。
今よりも鎌倉時代は、どれほど困難であったでしょう。
 
「青は藍より出て藍より青し」
 
私達は、御飯を食べるにしても、仕事をするにしても、子育てをするにしても、何をするにしても、自分自身が、さまざまなことを自分の目で見て心で判断をして、行動し対処していくのであります。
自分自身が物事を正しく判断するということをおろそかにして、旦那や女房の言うことばかりを聞く。人の顔色ばかり見て、相手に合わせてしまう。
 
さまざまなことに対処しても、それがうまくいく道理はありません。
ただ単に流されていくだけで、後で行き詰るでしょう。
 
自分を芯をしっかり作ることが大切ですね。
 
世の中は連休です。
休みも大切ですが、自分を向上させることにも目を向けて。





スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply