ちこういん

ご機嫌ななめ

うっかりの一言で、「ご機嫌ななめ」に。
冷や汗ものです。

もう取り消せませんよね。
そういう事を言う気持ちが許せない、ということです。
口だけ気を付けても、心が変わらないと。

「ご機嫌うかがい」「上機嫌」など
 
私たちが、愉快か不愉快か、気持ちや気分を表すときに使います。

この「機嫌」と言う言葉、仏教の戒律が語源なんですよ。
 

もとは「譏嫌」と書きまして、譏(そし)り・嫌(きら)うという意味で、

他人の「譏嫌」を受けないようにする戒律からきています。
 


『大般涅槃経』
「息世譏嫌戒(世の譏嫌を息()める戒)」という戒律があります。
 
「世間の人たちから譏り嫌われない行動をとる」ために決められた戒律(ルール)の一つで、「人が不愉快と思うような言動は慎みなさい」という意味ですし、戒律とは「身心」を作っていくことでもあります。



「機」が「機転」や「機知」などの語に象徴されるように、細かい心の動きを表す意味を持つことから「機嫌」という表現が作られ、そこから「上機嫌」などの「愉快なこと・気分・気持ち」を表す言葉になりました。 
 

今朝の一言にもありますが、口は災いのもと。
こころを作りたいものです。
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply