ちこういん

人生と阿吽

お釈迦様につぎのような逸話があります。

あるとき、お釈迦様が弟子たちにこう尋ねました。
「人生の長さがどのくらいあるか、お前達は知っているか?」

弟子のひとりがこう答えます。
「五十年くらいでしょうか」

お釈迦様は首を振ります。

別の弟子。

「では、四十年くらいですか」

お釈迦者はまた首を振ります。

弟子たちは「三十年」「二十年」「十年」「一年」と・・・。
最後に「一時間」と答えてもお釈迦様はまだ首をタテにふりません。

そしておもむろにこう言います。

「一呼吸の間である」

 
 
つまり人生は一瞬ということです。
一瞬、一瞬の積み重ねが人生であり、
50年、80年というのは、一生の長さの累計数字。
 
阿吽の呼吸といいます。

「あ」で生まれ、「ん」で死する。これが人生。


東大寺
 
仁王門の仁王さまや狛犬など、
私たちの人生の短さを教えているのではないでしょうか。
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply