ちこういん

お釈迦さまと仏教

お釈迦さま

 
仏教は、たった一人の人間が、「なぜ人は生まれて、悩み苦しんで、死んでいくのだろう。」という疑問から生まれました。
 
お釈迦さま以前にも、同じような疑問を持った人もいたことでしょう。
様々な宗教に共通するものは、「幸せに生きるとは何か?」というテーマです。
仏教は、その答えの一つです。
 

「仏教といえばインド」というイメージから、お釈迦さまは今のインドで生まれたと思われがちですが、実際は、インドの北部地方(現在のネパール)、ヒマラヤ山脈のふもとの「カピラ」という国の王子として生まれました。

この国は、大きな2つの国にはさまれ、弱い立場であったので、王子(お釈迦さま)は人々から期待され、目的を成しとげた人、という意味を持つ「シッダールタ」と名づけられました。

お釈迦さまは、母親のマーヤが出産のため里帰りをする途中、ルンビニ-という所で生まれたと伝えられています。4月8日のことでした。日本では、この日に「潅仏会(かんぶつえ)」とか「花まつり」という儀式がお寺であります。

お釈迦さまが生まれてまもなく重大な出来事がありました。

それは、生みの親であるマーヤが亡くなってしまったことです。

お釈迦さまは、実の母親ではなく、母の妹に育てられました。

お釈迦さまは、カピラ国の王子として大切に育てられました。

父親のスッドーダナ王は、王子に家庭教師をつけ、跡つぎとして必要な学問を身につけさせました。
育ての母の愛情も深く、不自由なく育っていたお釈迦さまでしたが、12歳の春に行われた、豊作を祈る儀式に出席したことが、後の生き方に大きな影響を与えた、といわれています。

儀式の最中、土の中から出てきた虫を、小鳥が飛んできて、その虫をくわえて去っていきました。さらにその小鳥を、大きな鳥がさらっていってしまったのです。その光景を見ていた人々は、驚きと感動のために歓声をあげました。

しかし、お釈迦さまは他の人と違うことを考えていました。

「弱い者は強い者にかなわないという。この国も大国にはかなわないだろう。

では、あの大きな鳥のように、強い者は永遠に強いままでいられるだろうか。

多くの人を支配しても、どんなに財産をきづいても、やがては死んで、ほろんでしまうだけではないか。」

権力や富のむなしさ

お釈迦さまはなんとなく気づきはじめます。




そのころ、インドや周辺の国では、「バラモン」と呼ばれる人々が社会を支配していました。バラモンたちは自分たちを「血統の正しい人間」として、バラモンでない人々を、武士、市民、奴隷に分類し、差別します。

神につかえるバラモンはこう言います。

「人間は、生まれたときから神によって身分が決められている。

この身分は子孫代々、永遠に変わらない。

身分の違うものは結婚はもちろん、いっしょに食事もしてはならない。」

さて、時が過ぎても、お釈迦さまの悩みは解決されません。幼くして母と死に別れ、いつも考え込んでいる王子のそんな様子を見て、父親である王は、悩みを忘れさせようと、ぜいたくな生活をさせ、さらに同族の王の娘を、お釈迦さまと結婚させました。しかし、その悩みはお金やもので解決できるものではありませんでした。

「人はなぜ生きるのか。苦しむのか。何のために生まれてくるのか。

なぜ、この世界が存在するのか。人間のつくった身分とは何か。」
まわりの大人に聞いても、納得できる答えはありませんでした。

 
お釈迦さまが、なに不自由ない王子の身分ではなく、深い疑問の答えを求めて、修行の道を選んだからこそ、仏教が生まれたのです。
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply