ちこういん

六文銭 其の一

六文銭(1)

もうすぐ春のお彼岸です。
お寺では、塔婆書きやら、日々のご相談など、毎日ゆったりとした時間がございません。寝不足真っ最中です。
 

彼岸の中日である「春分の日」「秋分の日」は国民の祝日です。
祝日法による趣旨は……
・春分の日=『自然をたたえ、生物をいつくしむ日』
・秋分の日=『祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日』

 

2016年の 春彼岸  
3
17日:彼岸入り
3
20日:彼岸の中日(=春分の日。21日振替休日)
3
23日:彼岸明け

春の彼岸になりますと、厳しかった寒さも緩み、各地からの芽吹きの便りに新緑と花のあふれる季節の到来を感じ、春の日ざしは朗らかな希望を与えてくれます。
秋の彼岸の頃は、夏の盛りを過ぎて紅葉と実りの秋の訪れを思い、落ち着いた心境に誘われます。
農耕を主とした日本では農繁期を避け、この季節に修する「お彼岸」という言葉には、日本人の持つ季節感から育まれた「温かさ」と、私たちの祖先の深い知恵と思いやりがあるような気がします。
 
仏教では、私たちの苦楽に迷う世界を(此岸)とし、
怒り・貪り等の煩悩を滔々と流れる大河に譬え、
安らかな悟りの世界を(彼岸)と定めています。
 

 
さて、今年の大河ドラマは六文銭で有名な真田家です。
この六文は「三途の川の渡し賃」と言われています。




真田信繁(幸村)


真田信繁(幸村)の祖父である真田幸隆が、この家紋を使用したのが最初だそうですが、真田家でも戦時の際にはこの六文銭を使用して、命を惜しまずに戦う心構えを表したものと言われています。
 
冥途のシステム!
「三途の川」とは。
 
まず私たちが死んだ際、三途の川に行くことになります。
仏教において、死者が死後7日目に渡るとされている川です。
子供なら、三途の川沿いの賽の河原へ。
 
三途の川の渡り賃の六文銭はもっていますか?
 
「あなた」は六文を持っていればそれを払って三途の川を船で渡ります。
持っていない場合は?
 
アイテム「六文銭」は、どこでゲットする?

 
登場!
そこには鬼のような婆さんである奪衣婆(だつえば)と、
泣く子も黙る恐ろしい爺ちゃんの懸衣翁(けんねおう)が待っています。


 
奪衣婆。三途の川のほとりに居て、亡者の衣類を剥ぎ取る婆です。
 
「あなた」は死んだ時の服を着ていますが、
この鬼婆さんはとりあえず「あなた」の服を奪い取ります。抵抗しても無理!



そして、その服を爺ちゃんに素早くノールックパス!
爺ちゃんが三途の川のほとりにある衣領樹(えりょうじゅ)という木に掛ける。
「やめて!!訴えてやる!!」とか言ってもダメ。
そして、その木の枝のしな垂れ具合で「あなた」の罪の重さが決まります。
 
生前の生き方によって、三途の川を渡る方法は三通り。
善人は橋
軽い罪人は浅瀬
重い罪人は流れの速い深み


渡し賃(六文銭)を持たない人とはどうゆう人なのでしょうか?

地獄の沙汰も金次第。
バカバカしいと思いますか?
昔からの話が教えているのは何なのか。
 
次回、六文銭の意味を考えます。
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply