ちこういん

既読!!返事が来なくて不安です。

待つことは、しんどいですね!

答えがすぐに出ることは楽ですが、
答えのなかなか出ないことは負担になります。
 
堪え忍ぶことが出来る期間は、心の強さと弱さに表れます。
 
既読!返事が来ない?

メッセージのやり取りで、最近多く使われているのはLINE
あるいはフェイスブックメッセージでしょうか?

パソコンのメールと違って、スマホに届くので、

すぐに返信してもらいやすいツールになっています。
とても便利ですが、逆にストレスもかかりますね。

メッセージを送って、なかなか返事が返ってこない。
確かめたら既読になってる。

でもメッセージが来ない。
この時点でかなり動揺し、ひどく落ち込んだり不安になったり。

時間が経っても返信があると、ホッとし救われたような気分になる。
でもそのまま返信がないと、他のことが手につかない。

これ、相当相手に依存している状態ですよ!

すぐに返信がきて、肯定的な内容だと、とても元気になる。
否定的なメッセージや、返信がないと落ち込む。何もできなくなる。

自己肯定感


ある意味、「赤ちゃん」と似ています。
ひとりで孤独なままだと、心が崩壊しそうになる。
わかってくれることが、心の酸素や食料になっていて、欠かせない状態。
ちょっと途絶えるだけで、飢餓状態に。

全て周りの人次第ですね!

これを国に例えると、

全てを輸入に頼っていて、自分の国で生産してないのに似ています。
輸入先からの物資が止まると、その直後に国はパニック。
これは綱渡り状態ですよ。

もっと安全な国にするには、国内生産を活発にして自給率を高める必要があります。そうすれば輸入が止まっても、すぐに破綻することはありません。

人の心も同じです。

相手の肯定的な反応という輸入品だけに頼らずに、

自前で安定していられること。

つまり一人でいられる能力。
これがとても大切です。

 
自信をつけよう

自信がないことが、心身の不調の原因になります。
「自分はダメだ」
「私は誰からも愛されない存在」
こういった気持ちでいると、不安になったり、焦ったり、

絶望的になる頻度が高くなります。


また、自信がないことは、自分に対して過小評価しがちです。
「全然良くなっていない」

「何も変わらない」
と捉えがち。周りの人間からは良くなったように見えても、自分は全然そう思わない。そして絶望感を感じてしまいます。
 
「うつ」とは、このような心のことです

例えば周りからするとちょっとした言動と思えること。
でも自分的には、とてもひどいことをされたと感じひどく傷ついてしまう。

外の刺激に対して過敏で体調にまで影響する。
人に見られるだけで圧倒され、テンパってしまう。

こういう場合は、外からの刺激に耐えられるよう、心を強くしていくことが大切ですね。
建物に例えると、

弱い地盤を地固めし、しっかりとした基礎を築く作業が必要なのと同じ。
当然時間がかかります。
 
心を強くし、自信をつけ、心を建て直す

それには、
生活を調えることも必要。
無理せず、ありのままを受け入れることも必要。
少しだけ無理をして、出来る努力をしていくことも必要。

簡単にはいきませんから、手間暇かけて進めていくことが大切です。

自分自身の変化を実感できるかどうか
 
実感できる人ほど、不安が無くなっていきますが、
実感できない人は、気持ちが一進一退の繰り返しになります。
 

ただ自分一人では、こういった心を見つめる作業が難しいこともあります。
調子が悪い時はなおさらです。


そんな時は信頼できる人に手伝ってもらうのも、ひとつの選択肢です。
遠慮せずに、助けてもらいましょう!
お寺はいつでも開いています!


スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply