ちこういん

ハトの礼とカラスの孝

鳩に三枝の礼あり 
(からす)に反哺(ハンポ)の孝あり

ハトにサンシのレイあり
カラスにハンポのコウあり
 
古くから中国に伝わることわざ
 
鳩は枝に止まる時、子供の鳩は必ず親より三本下の枝に止まる事を指して鳩に三枝の礼ありと言う。
子烏は自分で初めて餌が取れると、真っ先に親烏の所へ持って行って食べて貰うそうです。
この事を逆に餌を子が親に与える所から、親が反対に子に哺乳されると言う意味で「反哺の孝」と言う。
「反哺」は食物を口移しに食べさせること。
 
親に対して礼儀と孝行を尽くすことが大事ですよ!という諺です。
 
本当にこんな事があるとしたら、よほど烏の方が親孝行ですね。
 
バレンタインにクリスマス。
好きな人の為には、元気も出ます。お金も使います。
 
でも、親孝行と言うと、
「古臭い」「めんどくさいな~」「お説教ですか?」
と言うかもしれません。
 
でも、人間世界で忘れ去られ様としている事が、
自然界で依然として存在しているとしたら?
 

たとえ、親鳩から独立した子鳩が、夜は少し低い枝にとまって眠ることが、
育ててくれた親に対して敬意を表しているように見えるので、このようにいわれているとしても、自然から学んだ古人の気持ちは、自分自身の生き方に活かしていきたいですね。

 
こんな言葉もありますよ。
「親は親たらずとも子は子たれ」
自分の親は親らしいことをしてくれず、こんな親では自分が困る、と思うほどの親であっても、子である自分は親に対して、孝を尽くしなさい。との意味。

親子とは想いがある分、期待がある分、依存してしまい、上手くいかないものですね。


親しき中にも礼儀あり


礼を行動に移せる強さを身に付ける必要がありますね。




スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 2

There are no comments yet.

fis*****  

No title

親の罰と雨糠は当るが知れぬ
小生ならば、上記にて諭す所。
智慧、お人柄、小生は足下にも及ばぬ様です。

2016/02/15 (Mon) 10:52

智弘院  

No title

親不孝。
悲しいかな、多く見受けられます。
何とかしたいものです。

2016/02/16 (Tue) 18:38

Leave a reply