ちこういん

志と楽しみ

楽しみと志(こころざし)
 
論語や君子というと、政治やリーダーの学問と思われますが、本当は何だろうとそのものをそのままに見つめていると生き方が表れてきます。
 
孟子(モウシ)の中に「君子三楽」という話が出てきます。

孟子の云う、君子の三つの楽しみです。

孟子曰はく、「君子に三楽有り、而(しか)して天下に王たるは、与(あずか)り存(ソン)せず。
孟子が言った。君子には三つの楽しみがあるが、別に天下の王になることと関係がない。

父母倶(とも)に存し、兄弟故(こと)無きは、一楽なり。
父母が健在で、兄弟も健やかであることは、第一の楽しみである。

仰(あお)いで天に愧(は)じず、俯して人に怍(は)じざるは、二楽なり。
上げては天にやましく思うことがなく、うつむいては人にやましく思うことがない、天に恥じることのない真心で生きることができることが、第二の楽しみである。

天下の英才を得て、之を教育するは、三楽なり。
天下に役立つ人たちを見出し、その持ち味を活かせるように教育するのは、第三の楽しみである。

 
父母兄弟が和合し共に慈しみ、正直に素直な日々を謙虚に送れ、
周囲を見守り活かせる安心の存在になること。
孟子の描く君子像とはこのようなものです。
 
孔子はどう考えるのか。
 
孔子の「志」について語る同志との問答の中にはこうあります。
孔子は顔淵と子路と一緒に歩んでいる中であるとき彼らに質問をしました。
「あなたたちの志を聴かせてくれないか」と。
 
子路はそれに対してこう言いました。
「馬でも馬車でも衣装でもなんでも朋たちと全て分かち合い、たとえそれをなくしたり壊されたりしても怒ることがない人になりたいです」
これを私は志しますと。
 
そして顔淵は言います。
「他人には善いことをしそれを思うこともなく、他人の苦労をそっと取り払いまた思うこともない自分になりたいです」
これが私の志ですと。
 
そして孔子は最後に自分の志を言います。
「年寄たちからは安心され、友人たちからは信頼され、若者からは慕われるような人になりたいものだ」と。
 
目指す君子とは。
人は人として当たり前のことができない苦しみを抱え、人生をそれぞれに歩んでいきます。
 
その道の中で、仲間と共に目指す志という夢。
その志の意味も、何か大きな夢かなにかと勘違いすることがありますが、思いやりのある人になりたいと願う気持ちです。
だからこそ道とは美しい世界であると感じます。
 
教えというものは、
学べば学ぶほどに、
本当に教えてくれているのは、
知識でもなく
智慧でもなく
能力でもなく
技術でもない
人としての真心の在り処ではないでしょうか。
 
先生が居て、同志や仲間との御縁がある、それだけで何より有難いものです。
ご縁を大切に、日々を学び、急がず、休まず、歩んでいきたいと思います。
スポンサーサイト



ちこういん
Posted byちこういん

Comments 2

There are no comments yet.

fis*****  

No title

先日よりブログを拝見いたしております。
御縁…周囲の方々に限らず、仕事、己の信念の形成すら外的要因の御縁に寄る所も完全否定は出来ないでしょう。君子等々の講義の顛末に我々凡人に理解出来る御言葉。
そして俗世人を下に見ていないお心が伝わる文章が感動致します。

2016/01/13 (Wed) 08:15

智弘院  

No title

> fis*****さん
有難うございます。
もったいないお言葉、励みに致します。
でも、大した者ではありませんので、買い被り無きようお手柔らかにお見守りいただけましたら幸いです。

2016/01/13 (Wed) 19:21

Leave a reply