智弘院のブログ

ちこういん

Archive2017年02月 1/2

  • 春を尋ねて
    2017年02月27日 0

    2月27日 おはようございます。ご訪問有難うございます。春は枝頭にあって、己に十分はるは しとうにあって すでにじゅうぶん もうすぐ桃の節句ですね。おとなのお姫様たちに春のうたを紹介します。 尽日春を尋ねて 春を見ず杖藜踏み破る 幾重の雲帰来 試みに梅梢を把って見れば春は枝頭にあって 已に十分 じんじつはるをたずねて はるをみずじょうれいふみやぶる いくちょうのくもきらい こころみにば...

  • かんのんさま
    2017年02月25日 2

    2月25日 おはようございます。 ご訪問有難うございます。 「観」カン。観察の観。観音様の観。 法華経の中に、観世音菩薩普門品という章があります。そのなかに五観があります。 真観清浄観広大智慧観悲観慈観 観世音菩薩の観世音とは「心で自由自在に世の中の音(声)を観る」というもので、その観音さまの心が次の五観です。 1、 真実を求め真理を愛する心、真観。2、 清く澄んだ、私利私...

  • 吉凶も大事だけど
    2017年02月21日 0

    2月21日 おはようございます。 ご訪問有難うございます。 お経に出てくる説話です。  ある時、都で暮らす一家が田舎のほうから娘を迎える事になりました。両家で何回か細かい相談をして、結婚式の日取りもめでたくまとまります。しかし当日になり、都の一家の主人は占い師のもとへ行き、祝い事にふさわしい日かどうか念のため占うことにしました。 依頼された占い師は、今日結婚するにもかかわらず、...

  • 日本史上の大事件
    2017年02月17日 0

    2月17日 こんにちは。 ご訪問有難うございます。 おのづから よこしまに降る 雨はあらじ 風こそ夜の まどをうつらめ日蓮聖人自分から横に降ろうとする雨はありません。風こそが雨をして夜の窓を打たせるのです。  この歌の「雨」は人間が持つ仏性のことなので、心は本来は真っ直ぐできれいなものなのですが、邪な「風」が吹いて信心を妨げる悪縁をもたらすのだと説いています。  昨日は、...

  • 降誕会
    2017年02月16日 0

    2月16日 今日は降誕会(こうたんえ) 昨日2月15日は、お釈迦さまの御涅槃会でした。(亡くなった日)今日2月16日は、日蓮聖人さまの御降誕会でした。(お誕生日) 報恩感謝の法要を営みましたが、気持ちを表すということは、いつもと違って準備をして、供物を捧げ、法衣をまとい、かたちを調えて臨みます。儀式は気持ちが入ります。 仏さまも、日蓮聖人も、心の持ち方を教えています。 車の運転には...

  • お釈迦さまのご命日
    2017年02月15日 0

    2月15日 今日は涅槃会です。 お釈迦様の御命日の法要がありました。 この一年の間に、どれほどの別れがあったことでしょう。遅れ先立つは世の習い、とは言いますが、大切な人を亡くすと、私達は時に自分を責めてしまいます。 涅槃会に掲げられる涅槃図の物語に欠かせないのは、お釈迦様に「最期の食事」を捧げた鍛冶屋のチュンダです。 チュンダは、憧れのお釈迦様に食事を供養できることを誇りに思って最...

  • 共に生きる
    2017年02月14日 0

    2月14日 おはようございます。 ご訪問有難うございます。 お互いに憎み合い、争い合うことの愚かしい。1人の人間の心にも、相反する人格が同居しています。 今年は酉年なので、鳥の話を。 「共命鳥(ぐみょうちょう)」という鳥が、仏さまの話に出てきます。 浄土での「共命鳥(ぐみょうちょう)」の鳴き声は、「他を滅ぼす道は己を滅ぼす道。他を生かす道は己を生かす道」と説いているとも言われて...

  • 雛人形
    2017年02月13日 0

    2月13日 おはようございます。ご訪問有り難うございます。お寺に雛人形を飾りました。子供たち。ご近所の方。お参りの方。みなさんに喜んでいただければ。年中行事は大切ですね。...

  • 細草稲荷初午祭
    2017年02月12日 0

    2月12日 今日は初午でした。お寺のお稲荷様のお祭りをしました。お神酒お野菜などのお供物を調え、お参りの方もお赤飯やおいなりさんをお供えくださり、一年一度の祭礼です。終わった後は、おいなりさんをいただきました。お祭りはいいものですね。去年の記事お稲荷さんについて...

  • 建国祭
    2017年02月11日 0

    2月11日 過去記事より今日は皇紀2677年。紀元節(きげんせつ)でした。125代今上天皇、つまり平成の天皇の御代です。お寺でも建国祭をしました。 皇紀とは、明治五年に制定された日本国独自の日本紀元です。神武天皇即位の年を元年とし、毎年二月十一日が紀元節となっています。 現在、世界的に使われている西暦は、キリストの生誕年が元年です。 仏教国タイでは仏歴が採用され、西暦に五四三年足したものになっ...