智弘院のブログ

ちこういん

Archive2016年04月 1/3

  • 2016年04月30日 0

    おはようございます。 朝の一言いかなる 男を せさせ 給うとも 法華経の かたき ならば 随ひ 給う べからず、いよいよ 強盛の 御志 あるべし、冰は 水より 出でたれども 水よりも すさまじ、青き 事は 藍 より 出でたれども かさぬれば 藍 よりも 色 まさる日蓮聖人いかなる おとこを せさせ たまうとも ほけきょうの かたき ならば したがい たまう べからずいよいよ ごうじょうの おん...

  • 2016年04月29日 0

    おはようございます。 朝の一言諌臣国に在れば則ち其の国正しく争子家に在れば則ち其の家直し 国家の安危は政道の直否に在り かんしん くにに あれば すなわち そのくに ただしくそうし いえに あれば すなわち そのいえ なおしこっかの あんきは せいどうの ちょくひに あり                   日蓮聖人 訳主君を諌める忠臣がいれば、その国は正しい方向に進み、 親の悪や...

  • 独立記念日
    2016年04月28日 0

    お寺では、4月28日の今日は立教開宗会でした。 この日は、もう一つの意味があるので、少しだけ。 独立記念日、主権回復の日です。 アメリカでしたら、7月4日ですよね。大変な盛り上がりです。 日本は? 国は「悪」なのかな? この意識の差が、深刻です。 サンフランシスコ講和条約1951年(昭和26年)9月8日調印1952年(昭和27年)4月28日発効。そして日本の独立が回復し...

  • 2016年04月28日 0

    おはようございます。 朝の一言そもそも地獄と仏とはいづれの所に候うぞ・・・。(省略)我等が五尺の身の内に候うとみえて候う。(省略)我等が心の内に父をあなづり、母をおろかにする人は、地獄その人の心の内に候う。  省略しました内容はこんなところです。そもそも地獄と仏とはどこに在るかと尋ねてみると、地獄は地の下にあるという経文もあり、あるいは仏は西方の極楽浄土などにいるという経もある。しかし...

  • 日蓮聖人と立教開宗会
    2016年04月27日 0

    お寺の行事のご紹介立教開宗会(りっきょうかいしゅうえ) 日蓮宗の当寺では、明日28日開宗会の法要が執り行われます。 立教開宗というのは、世界の宗教の中でもあまりありません。 というのも、宗教は自然発生的だからです。明確に、これから教えを弘める宣言というのはなく、歴史の中で教団が成立していき、又は残った弟子が組織や教義を体系化していくことが多いのです。 キリスト教がそういう意味で、典...

  • 2016年04月27日 0

    おはようございます。 朝の一言蔵の財より身の財すぐれたり。身の財より心の財第一なり。くらのたからより、みのたからすぐれたりみのたからより、こころのたからだいいちなり            日蓮聖人 (お金より健康、身体より心持ちが大事) 蔵の財はお金や物、時と場合によって無価値になってしまいます。それよりは身の財である、自らの健康や学識、教養などが大事。 だけど、この身の財も、自分...

  • 2016年04月26日 0

    おはようございます。朝の一言人をよく成すものは、方人よりも強敵が人をば、よくなしけるなり。ひとをよくなすものは、かたうどよりもごうてきが、ひとをばよくなしけるなり。(日蓮聖人)「味方よりも、むしろ強敵が人を成長させるものである。」 今、嫌いな人や苦手な人がいますか? どうしても自分の考え方や性格が合わない人とは、なるべく距離をおきたいと思いますよね。でも現実は、親戚やご近所、あるいは仕事上どうし...

  • ご機嫌ななめ
    2016年04月25日 0

    うっかりの一言で、「ご機嫌ななめ」に。冷や汗ものです。もう取り消せませんよね。そういう事を言う気持ちが許せない、ということです。口だけ気を付けても、心が変わらないと。「ご機嫌うかがい」「上機嫌」など 私たちが、愉快か不愉快か、気持ちや気分を表すときに使います。この「機嫌」と言う言葉、仏教の戒律が語源なんですよ。 もとは「譏嫌」と書きまして、譏(そし)り・嫌(きら)うという意味で、他人の「譏嫌」を受...

  • 2016年04月25日 2

    おはようございます。 朝の一言月は山よりいでて山をてらす。災(わざわ)いは口より出でて身をやぶる。幸(さいわ)いは心よりいでて我をかざる。              (日蓮聖人) 言わなきゃよかった!そんな経験ありませんか? 感謝する心から出た「ありがとう」は、他人も自分も気持ち良くなりますよね。「言葉」を大事に。今日一日、キラキラと輝いていきましょう! ...

  • 2016年04月24日 0

    おはようございます。朝の一言や(箭)のはしる事は弓のちから、くも(雲)のゆくはりう(龍)のちから、をとこ(男)のしわざは女のちからなり。             (日蓮聖人)男と女男が漕いで、女が舵を取る。女性は、男を手の上で転がしちゃってください。夫婦の呼吸がぴったりとあえば、人生の波浪がどれほど高くとも、乗り越えていけますね。夫婦は和合が第一です。そんな簡単じゃないかな?...