智弘院のブログ

ちこういん

Archive2015年09月 1/3

  • アダルトチルドレンとは何か
    2015年09月30日 0

    私たちは子供時代、家庭を通して生きていくために必要な多くのことを学びます。親から守られることで安心を感じ、安定したこころが作られます。親から無償の愛を受け、人の温かみや優しさを知ります。時には厳しく教育してもらうことで、ものごとの善悪について学びます。また時期が来ればだんだんと親に頼ってばかりではなく、自立することが求められ、そのおかげで自分の意志を持ち成長することができます。家庭は、子供に様々な...

  • 学びについて考える
    2015年09月27日 0

    学び学、学校、学生、学業、学問、学習と私たちの周りにいつもある言葉。 現代では「学がある」とか、「学がない」とか言うのは知識を意味していることが多いようです。 仏教で「学」というと「戒・定・慧」という、三つを学修することを意味しています。これを「三学」といいます。 戒とは、いましめ。約束事を守るという実践です。 定とは、心を定めた静かな祈りのことです。 慧とは、智慧。正しく物事を判断し、筋...

  • 堪え忍ぶことも彼岸の心
    2015年09月24日 0

    お彼岸という意味は六つの修行を行うことなんです。その中の一つ「忍辱」(にんにく)があります。奈良の堪忍、駿河の堪忍、と昔の人は言いました。成(な)らぬ堪忍(かんにん)するが堪忍(かんにん)がまんできないことをこらえるのが、本当の忍耐というものである。我慢できることは堪忍とは言わないもう我慢できない、もう耐えられない、もう限界。そこからもうひと踏ん張りするのが、「ならぬ堪忍するが堪忍」です。忍耐は苦し、...

  • 2015年09月23日 0

    今日は彼岸の中日何事も、新旧、好き嫌い、損得などでなく、偏らない心で見る、という中道の教えを中日で表しています。昨日は当寺、智弘院の彼岸法要がありました。シルバーウィーク最終日今日は東京神楽坂の円福寺の彼岸法要でした。神楽坂にある圓福寺加藤清正公により創建されたお寺です。江戸時代末期、徳川家の祈願・祈祷所となり、厄除けや魔・鬼といったもののお祓いを行ったとされる徳川家・大奥ゆかりのお寺です。明治維...

  • お坊さんの相手をした犬
    2015年09月21日 0

    昨日がお彼岸の入りの20日。昨日と今日、お彼岸のお経に回りました。100軒位。いろんな御宅がありますが、連休ということもあり、小さい子供たちが帰って来てたり、敬老会でいつものおばあちゃんがいなかったり、様々ですが、やはり、シルバーウィークは若い人の為の休みで、敬老の日はどこかいってしまった感じです。寂しいお年寄りと何人もお話しますと、考えさせられます。いつものお宅、外の畑でオジサンが「お上人、中に入っ...

  • 2015年09月19日 0

    お子さま向けの座禅・お経体験教室童謡を歌ったりカルタなど、昔懐かしい遊びもします。子供たちにとっても、子育て中のお母さんにとりましても何か良い刺激になるかもしれません。ご興味のある方、ご参加ご自由ですのでお待ちしております。  現代の子供を取り巻く環境は、ネットにスマホにゲーム、テレビから溢れる情報と、親にとっての心配は様々にありますが、その中で子供は育っていきます。楽しさや便利さだけを求めて...

  • 水子の供養
    2015年09月19日 0

    今日は合同の水子供養会でした。毎月行っております。【水子供養とは】抱かない子は忘れる・・・  この世で親に会うことも、抱きしめられることもなく、命を終えてしまった胎児の霊を水子と呼んでいます。やむを得ず水子となってしまった子に、お寺の本堂で手を合わせ、お経を読み、お菓子やおもちゃを供えてご供養をします。 一度お腹に宿った生命が、様々な事情で死産、流産、中絶(堕胎)となってしまう事がありますが...

  • 2015年09月18日 0

    ストレス社会が身体に与える影響日本は世界の中でもストレスの多い社会です。日本は世界の中でも腰痛大国として知られています。腰痛では非常に多くの方がお悩みです。その原因は様々ですが、そのもとにあるのは心であり、心の偏りや執着、煩悩によるところが多く、ストレスもそこから生まれることが多いのです。お寺では、こころと姿勢を正していくことで、様々な病の原因となるストレスに強い心、免疫力・自然治癒力を高めていけ...

  • 2015年09月17日 0

    夏のお盆休み大変だったなぁ。シルバーウィーク今日も時間に追われ、毎日夜遅くまでやることいっぱい。お彼岸が20日から26日まで、また大変だ。今日も塔婆を沢山書いて手首が痛い。目もショボショボ。彼岸に入って2日間は、100軒ほどお経に回ります。そして、次の日はお寺で塔婆供養の法要がある。次の日も、次の日も別のお寺で法要がある。あぁ、お盆と同じだ。シルバーウィークが終わっても26日まで彼岸は続いている。休みは欲し...

  • 2015年09月15日 0

    ペットロス 人間とペットの付き合いの歴史は長く、遡ると犬は縄文時代から狩猟の手伝いや番犬として活躍しており、奈良・平安時代には愛玩犬として貴族に親しまれてきました。また、猫に関しましも、奈良時代頃より、ネズミ除けとして中国から連れてこられたそうで、平安時代には犬同様に室内で飼われるようになり、犬とともに古来より人間と、とても身近な存在として親しまれてきました。仏教では、私達人間を始め動物(ペッ...